スーパールーキー爆誕!

21072102

2021/07/22付のシングルデイリーランキングが発表され、ワンダーランズ×ショウタイムの「セカイはまだ始まってすらいない/potatoになっていく」が0.5万枚を売り上げ、2日連続で1位をキープした。

これぞ人気ナンバーワン!わずか2日で最高初動達成!



もはや週間1位が当たり前の圧倒的なスーパールーキーへと成長した。水曜デイリーでは、ワンダーランズ×ショウタイムの「セカイはまだ始まってすらいない/potatoになっていく」が0.5万枚を売り上げ、2日連続で1位をキープした。大物がひしめく大混戦の中で圧倒的推移を見せ、3作連続週間1位を確実のものとした。

さらに、配信でも0.3万DLを売り上げた。ミレパの確変により1位スタートとはならなかったが、その勢いは前作をはるかに超えるもの。今年デビューしたばかりの新人の中では、明らかに頭一つ抜けた圧倒的な人気。既にオタクに多くの市民権を得ている「初音ミク」を題材にするというコンセプトは大成功といえそうだ。

前回果たせなかったCD初動2万越えの可能性は?!

プロセカのデイリー推移予測・前作比較

Vivid 0.8万枚 1.3万枚 1.5万枚 1.7万枚 1.8万枚 1.9万枚 2.3万枚
ワンダ 0.8万枚 1.4万枚 1.6万枚 1.8万枚 2.0万枚 2.1万枚 2.5万枚

なんと、水曜デイリーの売り上げは前回のVivid BAD SQUADを上回るものとなった。そのため、惜しくもオリコンデイリー4位だった初日も、前作を超えてる圧倒的なスタートとなっている可能性が高い。これにより、前回わずかに届かなかった、CDだけの初動2万越えの可能性がかなり高くなってきた。

それを後押しするように、明日からはオリンピックに伴う大型連休がスタート。残り4日間は全て休日となり、普段より高い粘りが期待されることになるのだ。そのため、明日の休日効果次第で初動2万越えが決定的なものとなるかもしれない。

Liella!にプロの洗礼、プロセカ相手になすすべなし

21072101

圧倒的なパワー誇る超新星の前では、小さな星の瞬きでははかない光に過ぎなかった。前作実績では2.7万枚と首位候補だったLiella!だが、OP「START!! True dreams」が抱える様々な悪条件を覆すことはできず、2日連続でプロセカに首位を明け渡した。既に倍近い大差がついていると見られ、2作連続週間1位は幻に消えた。

ラブライブならどんな状況でも売れるという驕りがあったのかもしれない。CD発売の2日前に曲解禁やオリンピックによるアニメ中断、これでは売れるほうが無理な話である。前作実施した強力な売上施策により首位をつかんだ反動はあまりにも大きかった。順風満帆なデビューを飾ったLiella!が、初めて厳しい現実を知ることになったのだ。

21080401

悩める新人の苦難はそれだけにとどまらない。次作「未来は風のように」も、プロセカと鉢合わせしてしまっているのだ。今回の結果から、次回も勝てる見込みはない。さらにその次のシングルもうたプリとぶつかり首位の可能性はない。次に首位を狙えるのは、速くても9月の5枚目のシングルを待たなければならないのだ。

週間2位以下は決まったが、泣いている暇などない。あまりにも急すぎるリリースが祟り初日は水瀬いのりにも敗れ3位スタートだったからだ。今日は2位に浮上したものの差はごくわずかであり、現状では週間2位すらまだ厳しい状況なのである。ここから粘って、売り上げを伸ばすことはできるか。ここで終わるわけにはいかない。

関連記事