これが、社会現象。

21072301

2021/07/24付のデジタルシングルデイリーランキングが発表され、Belleの「心のそばに」が0.5万DLを売り上げ、初のオリコンデイリー1位スタートを決めた。

もう誰にも止められない!『竜とそばかすの姫』TOP3独占!!



この夏の絶対王者の力は絶大だった。3週連続劇中歌リリース第2弾としてリリースされたBelleの「心のそばに」が0.5万DLを売り上げ、初のオリコンデイリー1位スタートを決めた。さらに主題歌「U」は0.4万DLを売り上げ引き続き2位にランクインし、ついに『竜とそばかすの姫』がオリコンデイリー1位2位を独占。さらに前作「歌よ」もオリコンデイリー4位に入り、前評判通りアニソンではTOP3独占を果たした。

細田守の映画主題歌はこれまでもヒットしていたとはいえ、ここまで上位を独占するような状況になったことは初めてだ。史上初の週間TOP3独占も視野に入っており、その勢いはしばらくの間止まりそうにない。

新譜効果で初めてミレパを上回る!

21081801

ここまで、首位にいたのは主題歌であるmillennium paradeだった。Belleもゲストボーカルとして参加しているとはいえ、元々KingGnuとしての知名度もあるミレパと比べると、全く無名のアーティストが声優を担当するキャラ名義であるBelleは陰に隠れていたからだ。しかし、新譜である分、ようやく初めてBelleが単独で首位に立ったのだ。

Belleもまた、今後様々な音楽番組で引っ張りだこになっていくと思われる。もちろんそれは大晦日の大舞台も含まれていることだろう。今後の活躍に目が離せない。

『魔の金曜日』――プロセカ急落でCD2万に黄信号

21072102

プロセカのデイリー推移予測・前作比較

Vivid 0.8万枚 1.3万枚 1.5万枚 1.7万枚 1.8万枚 1.9万枚 2.3万枚
ワンダ 0.8万枚 1.4万枚 1.7万枚 1.8万枚 1.9万枚 2.0万枚 2.4万枚

ここまで絶好調のワンダーランズ×ショウタイムだったが、その前に『魔の金曜日』が襲い掛かった。祝日にも華夏wらず、昨日の圧倒的粘りがウソのようにまさかの半減となってしまったのだ。普段から金曜日に急落する傾向がある女性キャラだが、今回は男性キャラとの混合であり、逆に粘ることが予想されたが結果は真逆だった。

これは、普段の金曜デイリーでの男性キャラ名義の粘りが、金曜日の学校・仕事帰りに女性ファンがアニメイトに立ち寄るという習慣の元成り立っているからである。だが、大型連休の祝日になったことでその習慣が発動せず、日曜デイリーのような急落となってしまったのだ。これにより、CDだけの初動2万枚は少々遠のいたが、まだ可能性はある。明日の持ち直しに賭けたい。

関連記事