もはや、オリコン首位など通過点。

21090811

本日朝、オリコン週間速報が発表され、『Buster Bros!!! VS 麻天狼 VS Fling Posse』がオリコン週間1位を獲得したと報じられた。9回目のオリコン制覇と共に、歴史的初の5連覇を成し遂げた。

もはや『2位』はあり得ないのか?!ヒプマイ史上初5連覇!



2021/09/20付のオリコン週間アルバムランキングが発表され、Buster Bros!!!・麻天狼・Fling Posseの『Buster Bros!!! VS 麻天狼 VS Fling Posse』が6.2万枚を売り上げて週間1位を獲得した。もはやオリコン1位を取れて当然とまで言われるようになったヒプマイが、史上初の5作連続オリコン週間1位を達成した。

またしてもヒプマイの力でアルバムを制した。これで過去の連続首位獲得記録も含め、上位TOP3をヒプマイが総なめした。他の作品は単発の首位すら稀という状況で、異次元の連勝記録を叩きだす。ヒプノシスマイクという作品が、いかにとてつもない怪物であるかは明白だ。

年間5枚の1位はジャニーズに匹敵する超絶記録!

hyphy21


これで、今年リリースされた『ヒプノシスマイク』のアルバムはすべてオリコン週間1位を獲得した。年間に5枚以上アルバムを出すこと自体あまりないことなのだが、その全てで1位となればもはや誰にもまねできない超絶記録。首位が義務になっているジャニーズですら、一つのチャートで年間5枚以上出して全て首位を取ったのは、嵐ぐらいしかいないのだ。

もちろん、アニソンでは前例など一度もない。せいぜい、年間1枚だけ出したものがたまたまオリコン1位になっただけであり、1年の中での複数の首位はチャートをまたいでも『BanG Dream!』や『アイドルマスター シンデレラガールズ』ぐらいしか例がなく、当然首位を取れなかった作品の方が圧倒的に多い。今後チャートレベルが大きく下がり首位が容易になったとしても、達成することはまず不可能な永久不滅の記録となったのだ。

売り上げは大幅ダウン、VR投票の影響大きく


ヒプノシスマイクのデイリー推移予測・前作比較

渋谷横浜 5.6万枚 7.4万枚 8.3万枚 9.0万枚 9.5万枚 9.9万枚 9.9万枚
池袋新宿渋谷 3.3万枚 4.6万枚 5.1万枚 5.5万枚 5.9万枚 6.2万枚 6.2万枚

一方、売り上げ面ではCDだけで初動10万寸前まで達した前作からは4万枚近い大きなダウンとなった。予選ラウンドの3分の2程度と、決勝戦の投票としてはかなり少ない数字となっている。

これは、最終決戦投票のVR投票が手軽にCD数枚分の投票が可能であり、CDをたくさん買うより重要であることが予選後に明らかとなったためだ。そのため、決勝戦はほとんどのファンがVR投票に本腰を入れており、CD投票での複数購入を控えた。やはり、これだけの数字は投票券の力が大きいことを証明しているのだ。

ファンからも喜びの声多数!



このように、ファンからの喜びの声が相次いだ。ファンにとっては最高の朝になったのは言うまでもないだろう。オリコン1位獲得、おめでとうございます!

関連記事