最強。

21090811

2021/03/30付の週間アルバムランキングが発表され、ヒプノシスマイクが異次元の5作連続オリコン週間1位を獲得した。

【アルバム】絶対王者に死角なし!ヒプマイ前人未到のオリコン5連覇!



もはや、今のヒプマイを止められるものはいない。今週発売されたライバル全てを置き去りにする圧倒的な独走ぶりを見せ、津に前人未到のCDランキング5連覇を達成した。さらに、合算でも6.4万枚を売り上げ、2作連続オリコン合算1位となった。

売上こそ前回より下がったが、それでもアルバムで初動6万を超えられるのはヒプマイだけだ。暫定4位に付けていた22/7を初動だけで抜き去り、これで『ヒプノシスマイク』がキャラ名義アルバム年間TOP4を独占。2020年に続いて、2年連続のTOP4独占を確実のものにするという異次元の人気を証明した。

今回の快挙はこちらにまとめてある。詳細はこちらをご覧いただきたい。


【シングル】出せば必ず週間1位!マンウィズがシングル7連覇!

21090801

シングルランキングでは、MAN WITH A MISSIONの「Merry-Go-Round」が2.1万枚を売り上げ、7作連続の週間1位を獲得した。2013年の初のアニタイから週間1位を取り続け、なんとこれで7作のタイアップ全てで週間1位。売り上げはこの8年デ半分まで落ちてはいるが、それでも一度も首位を明け渡さないすさまじい人気を見せている。

かつて出せば必ず週間1位と呼ばれ、前人未到の14連覇を成し遂げていた先輩のUVERworldは、今年うたプリに敗れ連続首位がストップしてしまった。そのため、定期的なアニタイがあるソニーアーティストの中でここまでの連勝記録を守っているのはマンウィズのみとなっている。

安定して2万以上売れる人気が無敗の秘訣に!

MAN WITH A MISSION デイリー推移・前作比較

Dark 0.5万枚 1.3万枚 1.8万枚 2.0万枚 2.1万枚 2.2万枚 2.3万枚 2.4万枚
Merry 発売前 1.3万枚 1.4万枚 1.6万枚 1.7万枚 1.8万枚 1.8万枚 2.1万枚

マンウィズもCD不況によりは売り上げは年々落としてはいるが、今回も初動2万枚という最低ラインは超えてきた。「初動2万枚」を超えるか超えないかで週間1位の可能性がかなり変動するラインとなっており、この最低限を維持し続けることが連続首位の秘訣といえるのだ。

一方で、既に配信で2ヶ月近く先行配信で売れているため、既に累計は3万近くまで伸びている。人気の高い『僕のヒーローアカデミア』のタイアップで、久々のヒットを果たせたと言えそうだ。

【DLシングル】ものまねの力は絶大!ヒゲダン首位返り咲き!

21050701

テレビの力をまたしても見せつけられた逆転劇となった。先週オリコン首位を獲得したReoNaを抑え、Official髭男dismの「Cry Baby」が大逆転で首位に返り咲き。なんとこれで今年4回目の返り咲き1位達成となり、半年にわたる超ロングヒットとなっている。


中盤まではオリコン首位獲得効果で粘っていたReoNaが大きくリードしていたが、その空気が変わったのは一つのテレビ番組だった。土曜日に放送された『ものまね紅白歌合戦』で「Cry Baby」のものまねが披露され、その瞬間からダウンロードが殺到。週末の2日間だけで0.4万DLを売り上げる猛チャージで大逆転を果たした。

テレビの影響が即座に反映されるのが配信チャートの恐ろしさだ。それまで不利な状況でも、テレビで楽曲が流れるや否や勢いを取り戻し大逆転を果たすのはこれでもかと見られた。特に本人が歌唱しない番組の方が普段音楽番組を見ない一般人へ探求できるのは大きいのだろう。ものまね・カラオケ番組は、もはや最強のタイアップなのだ。

【今週のラブライブ!】Liella!、3週目も驚異的粘りを見せ初の4万越え!

21082502b

先週CDでアニメ初の週間1位を獲得したLiella!の「未来予報ハレルヤ!/Tiny Stars」。チケット締め切りを迎えた今週は駆け込み需要ですさまじい粘りを見せ、0.4万枚と3週目では過去最高の粘りを見せた。これにより、ついに累計は自身初となる4万枚を突破することになった。

一足先に最高記録となった合算だけでなく、CD単体でも最高売り上げまでついに0.1万枚を切った。チケット応募期限により来週以降は失速するとみられるが、後続の劇中歌との連動特典もあるため、CDでも最高売り上げは十分狙える位置。来週からが、本当の実力を試されることになりそうだ。

来週の注目新譜はありません。

gaku

2021/09/21付のランキングは、シングル・アルバム共に首位争いに絡む新譜がない。そのため、今週1位となった旧譜が引き続き1位を狙っていく形となりそうだ。特にヒプマイは来週で投票期限を迎えるため駆け込みですさまじい粘りを見せることは確実。2週連続1位となるか注目だ。

関連記事