耐えに耐え抜いて、つかんだ栄光!

22052501

2022/05/31付の週間シングルランキングが発表され、QU4RTZが初の週間1位を獲得した。

【シングル】DiverDivaついに頂点!虹ヶ咲全ユニット1位達成!



あまりにも不遇すぎる苦難を味わったDiverDivaが、報われた瞬間であった。シングルランキングでは、 DiverDivaの「Eternal Light」が1.2万枚を売り上げ、初の週間1位を獲得した。

先々週のQU4RTZが達成した初1位により、虹ヶ咲のユニットで首位を獲得できていないのはDiverDivaを残すのみとなっていた。そしてDiverDivaも、見事に首位チャレンジを制したのだ。これで虹ヶ咲は、4ユニット全てで週間1位を経験。これでμ's時代から続く、派生ユニット全てで1位を経験する伝統が継続する形となったのだ。

スクスタでの人気失墜から2年、『正史』アニメで奇跡の復活!

21052602

この2年、DiverDivaが味わってきた屈辱は、想像を絶するものであった。ことの発端は2020年秋に公開された『スクスタ』のメインストーリー。あまりの衝撃的な内容に大炎上したそのシナリオでDiverDivaは悪者扱いされ、その人気は失墜。奇しくも、アニメ1期で活躍しているその裏で、ファンを失望させるような大事件が起きてしまったのだ。

その影響は、ちょうど1年前に発売された前作「THE SECRET NiGHT」を見れば明らかだ。2ndシングルはQU4RTZ、A・ZU・NAは大きく前作越えを果たしたにもかかわらず、DiverDivaだけが売り上げを大きく落とした。2ndシングルは『スクスタ』と密接に連動しており、炎上騒動で悪者扱いされたことによる人気低下が原因であることは、誰の目から見ても明らかだった。

ddss

だが、ファンから『正史』と評されるアニメが全ての悪評を払拭した。担当回は神回と評され、新曲「Eternal Light」は公開時から大きな話題となった。チケットなどの売上施策なしで前作越えを果たしたという意味は、二人がアニメで救われたことの、何よりの証明なのだ。

【アルバム】五等分がアルバム制覇で有終の美を飾る!

22052512

令和を代表するラブコメが、すさまじい結果を出した。アルバムランキングでは、中野家の五つ子の『五等分の軌跡』が0.7万枚を売り上げ、初の週間1位を獲得した。シングルでは1位の経験はあったが、アルバムでは首位争いすらなかったが、今週多数リリースされたライバルを抑え、完全勝利を飾った。

すでに結果が分かっているラブコメは意味がない、そんな不安をかき消す上回る大ヒットとなった映画。その勢いがそのままCDでも現れる形となった。豪華声優陣により人気も高かったラブコメが、映画の評判でさらに加速したのだ。まさに最強ラブコメにふさわしい有終の美となった。

【DLシングル】ヒゲダン時代はまだまだ続く!

22041501

デジタルシングルランキングは、Official髭男dismの「ミックスナッツ」が1.4万DLを売り上げ、5週連続で週間1位をキープした。これでリリースから7週連続で1万越えを達成。その凄まじい安定感は全く留まるところを知らず、他のアニソンはお手上げ状態だ。

こうなってしまえば、もう次の放送クール並行しない限り、首位が後退することはないだろう。横やりが入る展開こそあれど、配信ランキングはもう完全に、ジャンプアニメのためのランキングとなったのだ。

【今週のラブライブ!】衝撃の落選祭り、CD売上にも影響!?

22042701

今週、虹ヶ咲5thのチケット応募結果が発表され、かつてないほどの落選祭りと相成った。わずか1日分の応募で1万人に満たないキャパに対し売り上げは4万枚近いものとなり、複数購入を考慮しても、倍率は極めて厳しいものとなったのだ。

その結果を目の当たりにしたファンにより、「夢が僕らの太陽さ」は今週も0.3万枚を売り上げ、すさまじい粘りを見せた。土曜デイリーでは、Day1で落選したファンが慌てて購入し、急上昇する場面も見られた。それほど、チケット争奪戦は売り上げに影響を与えているのだ。

来週の注目新譜はVivid BAD SQUAD!

22060111

2022/06/07付のアルバムランキングで首位を狙うのは、Vivid BAD SQUADの『フラジール』だ。プロセカ最強を誇る人気ナンバーワンユニットが、5ヶ月連続リリースの大トリを飾る。もちろん狙いは初動2万越えでの初動トップだけだ。はたして、どれだけの売り上げを叩き出すのか。明日のデイリーに注目だ。

関連記事