この夏は、Ado時代!

22060807

2022/08/08付のデジタルシングルデイリーランキングが発表され、Adoがオリコンデイリー1・2位を独占した。

Ado“新時代”宣言!衝撃の1・2位独占で邦楽の頂点に!



この夏の主役が、決まった瞬間であった。デジタルシングルランキングでは、Adoの「新時代」が0.5万DLを売り上げ、ついにオリコンデイリー1位に返り咲いた。それだけでなく、昨日4位に初登場した「ウタカタララバイ」も2位に浮上し、なんとAdoがオリコンデイリー1・2位を独占したのだ。

その勢いは土曜日の比ではなく、なんと昨日からさらに1000伸ばしてきた。もちろん、いうまでもなく今週対抗できるライバルはおらず、週間でも2ヶ月ぶりとなるオリコン1位の返り咲きが決定。名実ともに、Adoがこの夏の邦楽の頂点と立ったのだ。

夏休み中ずっと1位独占へ!大晦日の大舞台にも期待


いうまでもなく、この勢いは今週で留まることはない。興行収入も過去最高のスタートを切り、来週以降もすさまじい映画効果が出続けることは確実だ。そして来週はいよいよアルバムが発売され、残る3曲もすべて配信解禁となる。下手をすれば、来週の配信ランキングは、1位から7位までの全てをAdoで独占する可能性すらあるのだ。

かつてのRADやLiSAのように、長期政権に突入するのも確実。もはや、この夏休みの配信ランキングは、Adoが常に首位を独占し続けることは間違いないだろう。この夏、Ado“新時代”が幕を開けたのだ。

Liella!、放送効果で衝撃の日曜アップ?!

22080301

Liella!のデイリー推移予測・前作比較

ノンフィク 1.2万枚 1.8万枚 2.1万枚 2.3万枚 2.6万枚 2.8万枚 3.3万枚
WILL 0.6万枚 0.9万枚 1.0万枚 1.1万枚 1.2万枚 1.3万枚 1.5万枚

一方、シングルランキングでは信じられない動きがあった。Liella!の「WE WILL!!」が0.1万枚を売り上げ、今日もオリコンデイリーTOP3を守ったのだが、なんとその売り上げは昨日から回復。本来、ラブライブは日曜より土曜の方が売れるため、日曜デイリーで売り上げが回復するのは極めてまれな事態なのだ。

これは、アニメの放送日が日曜であり、その放送効果で回復したのではという声もあるが、これは誤りだ。集計の都合上、日曜デイリーのCDショップの集計は夕方までとなっており、放送のある夜の売り上げは翌週の月曜デイリーに加算されるのだ。今週の放送は、高校野球の延長によりいつもより1時間遅く放送されたため、この浮上は放送効果によるものではないだろう。

Liella9


では、何がこの浮上をもたらしたのか。昨日の土曜デイリーは、Liella!の土曜日にしてはやや低いものとなっており、昨日のデイリーで集計漏れが発生し、その加算が日曜でなされた可能性が高い。そうなれば、このような不可思議な推移になったのも十分説明がつくのだ。

どちらにせよ、2位以下を圧倒しての週間1位を決めた。後は数字が見えなかった序盤、どれだけ売上を稼いでいたかで初動が決まる。明日発表の週間ランキングでは、果たして何枚となるだろうか。

関連記事