伝説の英霊がオリコンも支配する!

19112703c

2019/10/20付のデジタルシングルデイリーランキングでは、藍井エイルの「星が降るユメ」が0.7万DLを売り上げて1位スタート。総合ランキングでもオリコン1位の快挙となった。

オリコン1位の申し子!またまたオリコン1位獲得!



先週から2週連続で主題歌リリースなった『Fate/Grand Order』がまたしても快挙を達成した。先週発売されたUNISON SQUARE GARDENによるOP「Phantom Joke」は惜しくも2位に終わったが、藍井エイルは見事に1位を勝ち取った。その売り上げは0.7万DLと、エイルの配信としては最大ヒットとなった「流星」に次ぐ数字とまさに絶好調だ。

驚異のオリコン1位率!アニメでその強さは健在!


gill

『Fate/Grand Order』とオリコン1位は不思議な縁がある。これまでリリースされた配信曲は、いずれも非常に高いセールスを記録。なんとこの2年間で4回ものオリコンデイリー1位を記録している。さらに、オリコンが配信ランキングを開始する前にリリースされた3曲も全てiTunesランキングで1位を獲得であり、まさに1位の申し子だ。『出せばオリコン1位』という驚異的な人気を見せつけている。

Fate/Grand Order・主な配信初日DL数

楽曲歌手DL数順位
DL 二者穿一 六花 1.0万DL 1位
DL 逆光 坂本真綾 2.3万DL 1位
DL 空白 坂本真綾 0.8万DL 2位
DL この惑星で、ただ一つだけ SAYA 0.8万DL 1位
DL 参全世界 乃藍 0.6万DL 1位
DL Phantom Joke UNISON
SQUARE
GARDEN
0.5万DL 2位
DL 星が降るユメ 藍井エイル 0.7万DL 1位

先週2位のユニゾンは初の週間1位なるか?


19101101

一方で、先週惜しくも配信での週間1位を逃したUNISON SQUARE GARDENは今週も奮起しており、残り1日を残して現時点で週間配信ランキングの暫定トップに立っている。先週僅差で2位になっただけに、今週で何としても1位を獲得したいのがファンの思いだろう。



しかし、週間1位らくらくを果たすことは困難な情勢だ。現在配信ランキングの首位争いはかつてないほどの大混戦となっている。金曜日に『ミュージックステーション』に出演したOfficial髭男dismの「イエスタデイ」がこの2日間で急上昇。ユニゾンとの差をすさまじい勢いで詰め、予測値ではすでに差は1000を切った。日曜日にも高い粘りを見せることは確実であり、逆転されてしまう可能性は決してゼロではない。また、先週敗れたLiSAとの差も大きいとはいず、予断を許さない状況となっている。

しかし、日曜日にはユニゾンも放送効果により大幅アップとなることが予想される。先週の日曜付けでは、前日から倍増という驚異的な放送効果を見せつけた。明日Official髭男dismを逆転すれば、先週のリベンジを果たす週間1位を守りきることができる。

一般歌手による日曜効果が勝るか、FGOの放送効果が勝るか・・・明日のデイリーは注目の一日となる。

【アニソンニュース】ギルキス、バンナムフェスで新曲を披露!


本日行われた『バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル』に出演したGuilty Kissが、今週解禁したばかりの新曲「New Romantic Sailors」を初披露した。

またもCD発売前の新曲披露!変わるラブライブの戦略


juh

ここ最近、これまでのラブライブでは考えられなかった『CD発売前の新曲をライブでフル披露』する機会が相次いでいる。2017年、Aqoursが「未来の僕たちは知ってるよ」をCD発売前のイベントに披露したことを皮切りに、2018年には虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会が「TOKIMEKI Runners」をCD発売前のイベントで披露。そして今年、Aqoursは5thライブで「Jump up HIGH!!」を発売前にサプライズ披露。その後もランティス祭りでも披露され、CD発売前に複数回披露されるという、従来のラブライブではまずなかったパターンとなっている。

基本的にラブライブのライブは、『予習』を前提として成り立っている。そのため、新曲の披露は、CD発売後となるのが当たり前だった。それだけに、予習ができない状況での「Jump up HIGH!!」の発売前フル披露は、大きな話題となったのだ。

unit3

今回は、『ラブライブ!三昧』でGuilty Kissの新曲「New Romantic Sailors」のフルサイズがオンエアされており、これが『新曲をバンナムフェスで披露する』ことの伏線となっていた。このことには気づいていたファンも多く、予習できないという発売前披露の問題もクリアした形だ。

今後、オリンピックによる会場争奪戦によるライブ機会の制限もあり、このようなサプライズ披露は今後も増えていくと思われる。『ライブでの披露』は、売り上げにも大きく影響していきそうだ。

関連記事