「出演」ではなく、『出場』なるか?

kohaku


紅白歌合戦の出場者発表が、ついに明日発表される予定となった。Aqoursファンの紅白への思いは日増しに強くなっている。はたしてAqoursは紅白に出演できるのだろうか?

昨年は『企画枠』で紅白出演!

Aqours紅白

昨年放送された第69回NHK紅白歌合戦、その舞台にAqoursの姿があった。特別企画の一つ「世界で人気のジャパンカルチャーを特集」で、刀剣男士と共に紅白に出演したのだ。それはAqoursファンにとってまさに夢がかなった瞬間であった。

23番目の枠で奇跡の滑り込み!


実は2018年に、Aqoursが紅白歌合戦に出演するだろうと予測していた声はあまり多くなかったのだ。もちろん、μ'sと同じようにAqoursも紅白と願っていたファンはいたのだが、紅白の出場者を毎年予想している専門家からは、「今年は出ないだろう」という意見が大半を占めていた。仮にAqoursが紅白に出るとしても、出るのなら劇場版が公開される2019年だろうという声が多かったのだ。

Aqoursがんばったね

しかし、結果はご存じの通り、2018年の紅白に出演する形となった。Aqoursのメンバーも、まさか自分たちが紅白に出られるとは思ってなかった。だからこそ、紅白の出演が伝えられた瞬間、メンバーがうれし涙を流したのだ。

『出場』ではなく『出演』、出場回数はカウントされず



誰もが紅白出演を祝福し、大晦日のお茶の間にAqoursの歌を届けることはできたのだが、一つだけ心残りが残った。そう、あくまで『出演』であり、『出場』ではなかったからだ。発表された11月14日の紅白歌合戦の出場者リストには、企画枠であるAqoursの名前は載っていなかったからだ。もちろん、後から出場が決まった米津玄師やサラ・ブライトマン、同じく企画枠のFoorin、北島三郎などは載っていなくても仕方はないのだが、11月14日に発表された出演者の中で、Aqoursと刀剣男士だけがリスト外だったのだ。


そのことは、正式発表前に各種マスコミに資料として配布される『紅白出場者案内リスト』からも判断することができる。発表日前日および当日の内定報道は、このリストを基に作成されるのだ。Aqoursが出演することは決まっていたにもかかわらず、去年Aqoursの内定報道が全く出なかったのはこれが理由である。内定報道を出すための資料に、そもそも企画枠が載っていなかったのだからマスコミも察知することはできないのだ。

どちらにせよ、Aqoursは紅白に出演こそしたが、出場はしていないという事実に変わりはない。そのため今年は、出場回数がカウントされる初の『出場』を期待するのは当然の想いだろう。

Aqours、紅白出場の可能性は?

arts

では、実際のところどれぐらい可能性はあるのだろうか。当サイトでは、5つの指標を基にどれぐらい出場できるかの判定を行っている。Aqoursの最新の出場可能性は、以下の通りだ。

Aqours・紅白出場可能性の評価内訳

Sp 売り上げ 9.0 S
Lp ライブ活動9.0 S
Mp メディア露出8.5 A+
Tp トレンド9.0 S
Np NHK貢献9.5 S
総合評価9.0 S

当サイトでは、総合評価8.0以上が出場可能性濃厚ラインという基準を設けている。Aqoursは非常に高評価となっており、出場濃厚ラインを軽々クリアしている。なぜそのような予想なのか、以下で詳しく解説しよう。

【売り上げ】オリコン週間1位をはじめCDが大ヒット!

bokura

今年1月にリリースされた「僕らの走ってきた道は…/Next SPARKLING!!」が、ラブライブ!シリーズとして初めて、オリコンシングル週間1位を獲得。その後も連続リリースされた劇場版シングルは、3枚すべてが10万枚を超える大ヒットとなった。その後も高額商品を中心に非常に高いセールスを連発し、年末に発表されるAqoursのトータルセールスは20億円を突破する見通しだ。

ここまでの売り上げを出せるのは、紅白では常連となるような、日本を代表するトップクラスのアーティストに限られる。これはアニソン歌手としては規格外のアーティストパワーであり、十分に出場できる水準をクリアしているといえるだろう。

今年のAqoursのCD売り上げ

タイトル売り上げタイアップ
SG 僕らの走ってきた道は…
/Next SPARKLING!!
11.7万枚
オリコン1位
『ラブライブ!サンシャイン!!
The School Idol Movie
Over the Rainbow』主題歌
SG 逃走迷走メビウスループ
/Hop? Stop? Nonstop!
11.9万枚 『ラブライブ!サンシャイン!!
The School Idol Movie
Over the Rainbow』劇中歌
SG Believe again
/Brightest Melody
/Over The Next Rainbow
10.9万枚 『ラブライブ!サンシャイン!!
The School Idol Movie
Over the Rainbow』劇中歌
SG Jump up HIGH!! 4.2万枚 -
SG 未体験HORIZON 5.5万枚 -
SG KOKORO Magic “A to Z” 2.8万枚 -

【ライブ活動】昨年の決め手『海外公演』が今年も大成功!

rainbow

今年のAqoursは、メインとなるのナンバリングライブの開催実績こそ2回から1回に減ってしまったが、それをカバーするように海外公演が一気に増加。アジアツアーとロサンゼルス単独ライブなど、今年は去年以上に海外公演に力を入れる形となった。

これは、昨年の紅白歌合戦出演の決め手となったのが、『海外公演を成功させたアニソン歌手』だからに他ならない。その海外公演に今年力を入れた、ということは、今年の出場もにらんでの戦略であるのは言うまでもないだろう。

anisama

もちろん、Aqoursのライブ人気は絶大だ。今年のアニサマでは、キャラ名義としてはシンデレラガールズ以来となるトリに大抜擢。紅白出演を経て、Aqoursはまさに今のアニソンを引っ張る存在として認められたのだ。このライブ人気の強さは、まさにNHKが求めているものでないだろうか。

今年のAqoursの単独ライブ実績

タイトル会場動員
ドーム Aqours 5th LoveLive!
~Next SPARKLING!!~
メットライフドーム 15万人
アリーナ Aqours クラブ活動
LIVE & FAN MEETING 2018
ユニット対抗全国ツアー 東京公演
武蔵野の森総合
スポーツプラザ
5万人
海外 Aqours World Love Live!
ASIA TOUR 2019
幕張イベントホール 他 -
海外 Aqours World LoveLive! in LA
~BRAND NEW WAVE~
ロサンゼルス The Novo -

【メディア】過去最大のテレビ出演でアピール十分!


cdtvs

今年もAqoursは、テレビ番組への出演を多くこなした。紅白直後に放送された『CDTV 年越しスペシャル』を皮切りに、NHK・民放問わず多くの音楽番組に出演した。もはや出演していないのは「ミュージックステーション」ぐらいと、主要音楽番組のほとんどを制覇しているのだ。今年、ここまで多くの音楽番組に出演したアニソンは、Aqoursだけである。

今年のAqoursのテレビ出演

タイトル放送局
特集 Aqours 東京ドームへの道~想いよひとつになれ~ NHK総合
音楽 CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ2018→2019 TBS
トーク アニソン!プレミアム! BSプレミアム
音楽 音楽の日 TBS
音楽 シブヤノオト NHK総合
音楽 ミュージックフェア フジテレビ

【トレンド】『ラブライブ三昧』で世界トレンド1位!


今年も事あるごとにTwitterトレンドを賑わせていたAqoursだが、その中でも最も盛り上がったのは『ラブライブ三昧2』だろう。μ's、虹ヶ咲も出演する合同特番だったとはいえ、番組の大半はAqoursがメインで進行されていた。これは、この週放送された『ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD』がμ's単独特番だったため、バランスをとるためにAqours中心の構成となったようだ。日本中が注目したこの特番は最高の盛り上がりを見せ、世界トレンド1位を見事に獲得した。


そして見逃せないのは、鈴木愛奈、斉藤朱夏が「今年も紅白に出たい」「出演ではなく出場」と話した一幕だろう。NHK公式の場で、わざわざキャストがこのようやり取りをしたということは、NHKもこの結果を受け、すでに方針を固めたといえるのかもしれない。

【NHK貢献度】特番、シブヤノオト、ラジオと多大な貢献!


sinbuya

そして最も重要なNHKへの貢献度は、もはや他のアニソン歌手の追従を許さないほどすさまじいものだ。昨年と同様に『シブヤノオト』の出演、上記の『ラブライブ!三昧2』のみならず、1月には東京ドームでの4thライブを追ったドキュメンタリー『Aqours 東京ドームへの道~想いよひとつになれ~』が放送されたのだ。

この番組では、多くのファンからすさまじい反響を呼んだ。即座に再放送が決まり、その熱意にNHKも驚かされたのは言うまでもないだろう。そして、アニソン専門番組『アニソン!プレミアム!』でも、その扱いはまさに超VIP待遇。NHKの中では、Aqoursは一つ抜きんでた存在であることに間違いはないようだ。

【まとめ】Aqoursは紅白に出場できるのか?!


naomiの部屋

以上のように、今年のAqoursの活躍、特にNHKでの活躍は、目を見張るものとなっている。現実はわからないが、この結果だけを見れば、出場しないほうがおかしいといっていいかもしれない。悲願の初出場となるのか、運命の発表の時は、もうすぐそこにまで迫っている。

関連記事