沼津から世界へ!初のタイトル獲得!

meiso

2019年度の年間アニソンCDシングルランキングが発表され、Aqoursが5年目にして初の年間1位の座に輝いた。さらに2位、3位、10位にもランクインし、なんとAqoursが年間TOP3を独占する結果となった。

Aqours快挙!史上初のCDシングル年間TOP3独占!



2019年度の年間アニソンCDシングルランキングが発表され、Aqoursの「逃走迷走メビウスループ/Hop? Stop? Nonstop!」が10.8万枚を売り上げ、初の年間1位の座をつかんだ。さらに、「僕らの走ってきた道は…/Next SPARKLING!!」が10.7万枚で年間2位、Saint Snowと合同でリリースした「Believe again/Brightest Melody/Over The Next Rainbow」が9.3万枚で年間3位にランクイン。アニソン年間ランキング史上初となる、同一歌手による年間TOP3独占の大快挙を達成した。

映画のメインテーマソングが年間1位に輝く!

bokura

2015年のデビューシングル「君のこころは輝いてるかい?」がいきなり年間11位にランクインするという鮮烈デビューを果たして以降、2016年度から3年連続で年間TOP10入りを続けてきたAqours。昨年の2018年度では「Thank you, FRIENDS!!」が自己最高の4位にランクインし、記録更新が期待されていた。

そして、昨年末の紅白出場がAqoursのさらなる力を呼び起こした。紅白出場後すぐにリリースされた3週連続リリースの劇場版シングルが、結果的に年間TOP3を独占する結果となった。特に年間2位の「僕らの走ってきた道は…/Next SPARKLING!!」は、初のオリコン週間1位も獲得。今年のAqoursはまさに最高の1年であったことは言うまでもないだろう。

hopstopnonstop

そんな劇場版シングルの3枚の中で、最も売れたのが「逃走迷走メビウスループ/Hop? Stop? Nonstop!」だった。このうち2曲目の「Hop? Stop? Nonstop!」は、『ラブライブ! サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』のメインテーマソングとして扱われ、最も早い段階から公開されていた。μ'sでも一番最初に公開された「Angelic Angel」のシングルが最も売れたことからも、長らく使われるキャッチーな導入ソングがファンの心をつかんだのは間違いないようだ。

年間1位の原動力、5thライブに賭けたファンの想い

nextspeak

3作とも9万枚を越える圧倒的な売り上げにより成し遂げた年間TOP3独占。その売り上げを生み出した最大の要因は、やはり5thライブのチケット応募券による力であることに他ならないだろう。Aqoursにとってアニメシリーズを総括する集大成のライブであり、メットライフドームは超満員となった。当然のことながら、チケット争奪戦は過去類を見ない超激戦となり、生半可な気持ちではチケットを手にすることは容易ではなかった。絶対にチケットを当てたいというファンによる凄まじい複数購入も見られ、その結果チケットCDとしても驚異的な売り上げとなったのだ。

hyf

2014年に本格的に登場したチケットCDは、2016年にアイドルマスターシンデレラガールズの「ハイファイ☆デイズ」が衝撃的な売り上げを出したことがきっかけとなり爆発的に普及。2017年以降は、CDシングルランキングの年間上位はチケットCDで埋め尽くされていることからも、チケットCDはそれだけ有効な戦略であることがわかる。CDが売れなくなった現状、確実に売り上げを出せるチケットCDはまさに生命線なのだ。

19020601

そのため、Aqoursがここまで売れたのはチケットのおかげだ、と批判する声もある。しかし、チケットが売れるということはそれだけAqoursの人気が高いことの裏返しなのだ。それに、「Believe again」は配信ランキングでも1万DLを越えており、決してチケットだけの人気ではない。本当に絶大な人気があったからこそ、Aqoursは年間を制することができたのは間違いないのである。

最新シングルも年間10位に滑り込み!

19092501

そのことを証明するのが、4.9万枚を売り上げて年間10位にランクインした「未体験HORIZON」だ。年間TOP10にランクインしたキャラ名義のうち、この作品だけが唯一チケットCDではないからだ。チケットCD以外は売れなくなった逆風の中、強力な売り上げ施策を行わずにここまで上り詰めてみせた。チケットがなくても年間TOP10レベルの売り上げを出せる、これがAqoursがいかに人気であるかをはっきりと示しているのだ。

【アニソン歌手部門】LiSAがCDでもアニソン歌手の頂点に!

19070301

アニソン歌手部門では、LiSAの「紅蓮華」が5.4万枚を売り上げて年間1位を獲得。「赤い罠/ADAMAS」も5.2万枚で年間2位にランクインし、LiSAが年間1・2位を独占した。

今年を代表する大ヒットアニソンとなった「紅蓮華」はCDでも強かった。爆発的なヒットとなった配信とは異なり総合1位ではなかったものの、しっかりとCDでも5万枚を越えるセールスを記録。2枚とも年間TOP10に送りこんだLiSAは、もはやアニソン歌手としては別格の存在となったといえるだろう。

【声優部門】水樹奈々、前人未踏の11年連続声優年間1位!

nana

声優部門では、水樹奈々の「METANOIA」が3.7万枚を売り上げて年間1位を獲得。今年の声優部門における新人王を獲得した年間2位の増田俊樹に、倍以上の大差をつける貫録の圧勝劇となった。

まだまだ水樹奈々の絶対女王の座は決して揺るがない。徐々に売り上げは落ちてきているとはいえ、その売り上げはまさに別次元なのだ。水樹奈々という存在は、すでに伝説そのものなのだ。

2019年度アニソン年間CDシングルTOP10一覧!

タイトル アーティスト 年間売上
1 逃走迷走メビウスループ
/Hop? Stop? Nonstop!
Aqours 10.8万枚
2 僕らの走ってきた道は…
/Next SPARKLING!!
Aqours 10.7万枚
3 Believe again
/Brightest Melody
/Over The Next Rainbow
Saint Aqours Snow 9.3万枚
4 ハーモニクス D/Zeal 8.5万枚
5 Flyers!!! 765 MILLION ALLSTARS 6.5万枚
6 I beg you
/花びらたちのマーチ/Sailing
Aimer 6.4万枚
7 紅蓮華 LiSA 5.4万枚
8 赤い罠/ADAMAS LiSA 5.2万枚
9 Hallo, Freunde! 伊集院北斗 他 5.2万枚
10 未体験HORIZON Aqours 4.9万枚


関連記事