新年度一発目からとてつもない大快挙達成!

19070301

2019/12/17付のデジタルシングルランキングが発表され、LiSAの「紅蓮華」が発売34週目にしてオリコン週間1位への返り咲きを果たした。さらにシングルランキングでも「unlasting」が週間1位を獲得。異なる作品で衝撃の2冠達成となった。

また、アルバムランキングでは、水樹奈々が14作連続で週間1位を獲得した。

【デジタルシングル】LiSAがアニソン史上初のオリコン1位返り咲き!



デジタルシングルランキングでは、LiSAの「紅蓮華」が1.9万DLを売り上げ2週連続で週間1位を獲得。なんと先週の2倍に匹敵するとてつもない急上昇で、なんと通算3週目のオリコン週間1位に返り咲いた。これまでのランキングで、アニソンがオリコン1位返り咲いた前例は一度たりともない。『鬼滅の刃』の社会現象とLiSAの紅白効果が、史上初の大快挙をもたらした。

一般アーティストすら凌駕!もう誰も止められない覇道!

LiSA VS 米津 オリコン週間1位争い

日・週
米津 0.2万DL 0.4万DL 0.6万DL 0.8万DL 1.0万DL 1.3万DL 1.5万DL
LiSA 0.2万DL 0.4万DL 0.7万DL 0.9万DL 1.2万DL 1.5万DL 1.9万DL

LiSAと鬼滅が巻き起こした社会現象の力は、先週オリコン1位を獲得するなど圧倒的な粘りを見せていた米津すら飲み込んだ。今週、オリコン週間1位をかけて米津玄師と激しい首位争いを繰り広げており、序盤は簡単に逆転されるような差しかなかった。しかし、終盤は米津のお株を奪う信じられない粘りを見せつけ完全に圧倒。終わってみれば3000差をつける圧勝劇となった。

itteq

この1位返り咲きにより、紅白に向けて最高のスパートをかけることに成功した。現在、『鬼滅の刃』の社会現象は爆発的な勢いで広がっており、まだまだその勢いは止まりそうにない状況だ。今回の週間1位獲得報道で、さらなるヒットへとつながるのは間違いないだろう。

【シングル】LiSA、異なる作品でシングルダブル1位の2冠達成!

lisao2019

一方、LiSAの大活躍は配信だけにとどまらなかった。シングルランキングでも、LiSAの「unlasting」が3.4万枚を売り上げ週間1位を獲得した。配信、合算共にLiSAが1位を獲得したが、配信での1位は「紅蓮華」だったため、異なる作品でのダブル1位となっている。同一の作品によるダブル1位はありふれているが、別の作品で達成するのは極めて異例の大快挙となった。

LiSAのデイリー推移予測・前作比較

紅蓮華 0.1万枚 1.1万枚 1.8万枚 2.1万枚 2.3万枚 2.7万枚 3.0万枚 3.3万枚
unlast 0.1万枚 1.2万枚 2.1万枚 2.4万枚 2.7万枚 2.9万枚 3.2万枚 3.4万枚

紅白出場の一報を受け、知名度が一気に上昇したのが大きく作用し初動は「紅蓮華」を上回った。配信ではバラードは売れないというジンクスで伸び悩み、3作連続のオリコン週間1位を逃す悔しい経験があったが、見事にそのリベンジを果たす形に。紅白出場を決めたLiSAはまさに最強だ。

【CDシングル】アゼリア三度目の正直!激戦制し初の週間1位獲得!

DNAs

圧倒的なLiSA旋風が吹き荒れた今週、CDシングルでもLiSAは圧倒的な強さで週間1位の筆頭候補となっていたが、それに待ったをかけた作品があった。AZALEAの「Amazing Travel DNA」が2.8万枚を週間1位を獲得。合算ではデジタルの差でLiSAに敗れ今回も1位を取れなかったが、CDでは一矢を報いLiSAの3冠を阻止。そしてアゼリアにとってついに、念願の初の週間1位がもたらされた。

究極のシーソーゲームに勝利!唯一1位なしの汚名に終止符!

アゼリアのデイリー推移予測・前作比較

GALAXY 1.2万枚 1.7万枚 2.0万枚 2.2万枚 2.5万枚 2.7万枚 2.7万枚
DNA 1.1万枚 1.8万枚 2.2万枚 2.3万枚 2.6万枚 2.8万枚 2.8万枚

これがラブライブの底力だ。初の週間1位へ向け、初日ではLiSAに大きなリードを奪う必要があったのだが、その差はわずか100枚と到底リードとは言えない状況に。その不安は的中し、2日目でLiSAはオリコンデイリー1位に浮上。逆に700枚差をつけられ一瞬で逆転されてしまった。前作の推移はLiSAの方が上であり、逆転は厳しいかと思われた。

しかし、今回のアゼリアは違った。3日目に過去の推移からは信じられない粘りを見せ、1日でLiSAを再逆転。その後はLiSAの各種放送効果が配信に流れたこともありLiSAへのリードを広げていき、最終的には1000枚差で逆転勝利を収めた。

kanangyakuten

これにより、「アゼリアだけが週間1位を取れない」という汚名についに終止符が打たれた。ギルキス、シャロンも週間1位だったためこれで3週連続1位。LiSAを振り切った終盤の粘りを生んだのはチケットによる力が大きかったとはいえ、紅白効果で大躍進するLiSAに一矢報いることができたのは事実。この週間1位は、アゼリアファンにとって大きな自信となったことは間違いないだろう。

【アルバム】水樹奈々、声優絶対女王を証明する14作連続1位!

nana2019


アルバムランキングでは、水樹奈々の『CANNONBALL RUNNING』が3.8万枚を売り上げ週間1位を獲得した。これで週間1位はなんと14作連続。出せば1位という声優絶対女王の力をいかんなく見せつけた。

水樹奈々のデイリー推移予測・前作比較

ベスト3 1.7万枚 2.8万枚 3.4万枚 3.6万枚 4.0万枚 4.5万枚 4.5万枚
CAN 1.6万枚 2.3万枚 2.7万枚 2.9万枚 3.2万枚 3.5万枚 3.8万枚

一時は2万枚近いダウンになる可能性もあったが、終盤に驚異的な粘りを見せたことで最終的には7500のダウンまで持ち直した。大きく下がったということに変わりはないが、それでもこれだけ出せるのは水樹しかいない。文句なしの2020年度声優年間1位最有力候補に躍り出た。

【今週のラブライブ!】「Love U my friends」

19100211

大成功に終わった1stライブは、最新作『Love U my friends』にもすさまじい効果をもたらした。なんと、先週の3倍近い急上昇を見せ、累計3万枚を突破したのだ。もちろん、前作『TOKIMEKI Runners』も圏外から復活を果たした。

驚くべきなのは、その3倍増となった『Love U my friends』の今週の過半数がデジタルアルバムで構成されていたことだ。CD、配信と比べると値段的なメリットが少ないデジタルアルバムは敷居が高いのだが、なんと圏外から急浮上したのだ。デジタルアルバムを買うのはライト層がほとんど。これまでのファンだけなく、多くの新規ファンにとっても、1stライブで虹ヶ咲に心を動かされたのかがわかる結果となった。

来週の注目新譜はFate!

fatebest

2019/12/24付のアルバムランキングで1位を狙うのはFateシリーズ初のオールタイムベストアルバム『Fate song material』。来週のアルバムは強豪ひしめく超激戦だ。はたして、週間1位を獲得することはできるのだろうか?

関連記事