どんな状況でも1位を取れるのが女王!

20011501

2020/01/21付のシングルランキングが発表され、Roseliaの「約束」が3作連続で週間1位を獲得した。

また、アルバムランキングでは、HoneyWorksが週間1位を獲得した。

【シングル】女王ロゼリア、圧勝の週間3連覇!



シングルランキングでは、Roseliaの「約束」が3.7万枚を売り上げ、3作連続となる週間1位を獲得。先週ポピパが成し遂げた初のオリコン週間1位の勢いをしっかりと受け継ぎ、2週連続でバンドリが週間1位を独占した。

期待値の高さに苦しむも、まとめ買いで何とか持ち直す!

Roseliaのデイリー推移予測・前作比較

FIRE 1.3万枚 2.8万枚 3.3万枚 3.6万枚 3.9万枚 4.2万枚 4.5万枚
約束 1.2万枚 2.4万枚 2.7万枚 2.9万枚 3.1万枚 3.2万枚 3.7万枚

前作「FIRE BIRD」はアニメ劇中歌+キラーチューンという最強のラインナップでCD、配信共に人気が大爆発し、バンドリ史上初の7万枚ヒットを記録した。その次のシングルということで嫌でも注目が集まった今作だったが、初日から推移は前作を下回り、最終的には1万枚近いダウンとなった。

roseliass

実は、CDの売り上げだけ見れば前作とほぼ同じである。しかし、ライトファンの影響を大きく受ける配信の売り上げは実に3倍を超える大差がつく結果となり、これが合算売り上げの大きなダウンの理由となった。前作はバンドリを代表するキラーチューンだったため、この結果はある程度仕方ないものなのだろう。

それでも、それで終わってしまうロゼリアではなかった。最後に加算されるまとめ買いで、なんと0.5万枚分の加算がなされた。この強さこそロゼリアの人気の証明となっているのだ。

【アルバム】年に一度の宴!ハニワが今年も1月に週間1位!

20011511

アルバムランキングでは、HoneyWorksの『好きすぎてやばい。』が2.8万枚を売り上げ週間1位を獲得。昨年の1月にもハニワは自身がプロデュースしたユニットLIP×LIPで週間1位を獲得。基本的に年に一度しかリリースされないハニワのアルバムシリーズではあるが、その分一回一回が非常に強いのだ。

今回のアルバムは、2014年からリリースされている『告白実行委員会』のキャラソン第3弾。2016年にはアニメ映画化され、以降も人気のアニメシリーズとして展開していた。週間1位はこれで通算3回目となっている。

【デジタルシングル】LiSAの玉座を脅かす存在、いまだ見えず!

19070301

デジタルシングルランキングでは、LiSAの「紅蓮華」が1.8万DLを売り上げ、ついに史上最長記録となる7週連続週間1位を達成。紅白から3週間がたっても、全盛期以上の推移を見せ続けており、もはや週間1位を奪うのはもはや至難の業だ。

1週で1位が入れ替わるのが当たり前になった現代のランキングでも、規格外のヒット曲が現れれば長期政権となる。かつてはCDで10週以上の週間1位があったように、今そのようなライト人気によってもたらされる記録はデジタルに移っているのだ。それはアニソンランキングでも同じ。2016年のRADWIMPS、2017年のDAOKOに匹敵する超長期政権となりつつあるのはもう間違いなさそうだ。

【今週のラブライブ!】フェスは売上に影響を持たらすか?

19092501

今週末、すさまじい話題の嵐となったラブライブフェス。その反響はすさまじいことになっており、来週のランキングではその反響がとんでもない数字となって現れる見込みとなっている。一方で、1日分のみの反映となった今週にも、その反響の影響が既に現れていた。Aqoursの「未体験HORIZON」が、先週からわずかに売り上げを回復させたのだ。

lovefes1

その理由は言うまでもなく、『ラブライブ!フェス』のオープニングナンバーに抜擢されたことだろう。最初の1曲目ということで多くの注目が集まったことが、わずかながらも売り上げの回復に導く結果となったのだ。そしてその効果は、公演を終え、順次ディレイビューイングが行われる来週へと続いていくのだ。来週の週間ランキングでは、ラブライブ関連作の『結果』に注目したい。

来週の注目新譜は来週の注目新譜は鈴木愛奈!

20012211


2020/01/28付のアルバムランキングで1位を狙うのは、鈴木愛奈の『ring A ring』。ここまでラブライブ声優は、5人連続でいずれかのランキングでデビュー作1位を成し遂げている。首位を争うライバルは、アルバムで1位常連となっている上坂すみれ。大きな壁を打ち破り快挙達成となるか、デイリーの動向に注目だ。

関連記事