まだまだ海の王者は譲らない!

20012401

2020/01/25付のシングルデイリーランキングでは、予想外の結果が待っていた。時雨の「佐世保の時雨」が0.3万枚を売り上げ1位を獲得。艦これのキャラソンが4年ぶりに1位の座に躍り出た。

一方、デジタルシングルデイリーランキングではBURNOUT SYNDROMEの「PHOENIX」が0.3万DLで初の1位を獲得した。

艦これの底力!4年ぶりの1位獲得!

sigure

青天の霹靂だった。超強力のジャニーズのデビュー作の快進撃の前に、アニソンは付け入るスキがなかったシングルランキング。そこへ風穴を開けたのはなんと艦これだった。2016年の「加賀岬」以来となるオリコンデイリーTOP3入りを果たし、4年ぶりのデイリー1位の座をつかんだ。

今回の艦これキャラソンを担当しているのは時雨。佐世保とのコラボタイアップで有名なキャラクターであり、今回の楽曲もそれをテーマにしたものとなっている。

変則発売日を跳ね返し頂点をつかむ!


今回のCD発売日は1月24日と、通常とは異なる金曜日発売だ。さらに、フライング発売も禁止されており、その結果フラゲなしで今日のデイリーでいきなりランクインする形となったのだ。この変則的な発売設定はデイリーでは1位を取りやすいものとはいえ、週間ランキングでは集計期間が減ってしまう不利な設定となっている。

実は、この発売日設定には重大な意味が隠されていた。「時雨」のモチーフとなった『白露型駆逐艦 時雨』は、1月24日に撃沈した歴史があったのだ。つまり、時雨にとって1月24日は命日であり、それに合わせてのリリースということになる。74年前の昭和の海に散った時雨、今回の艦これがつかんだデイリー1位は、まるで鎮魂歌のようにチャートに響き渡ったといえるだろう。

ハイキュー強し!配信でも好スタート!

20021206

一方、デジタルシングルデイリーランキングではBURNOUT SYNDROMEの「PHOENIX」が0.3万DLで1位を獲得。ハイキューは過去にも配信での強さを見せていたが、実に4期となる今回もその強さは健在だった。週間1位の可能性こそないものの、ロングヒットとなるのは間違いないだろう。

関連記事