次世代のアイマスを担うシャニマスが快挙達成!

20021201

2020/02/12付のシングルデイリーランキングが発表され、シャイニーカラーズの「SWEET・STEP」が0.9万枚を売り上げオリコンデイリー1位を獲得した。

シャニマス快挙!初のオリコン1位獲得!

シャイニーカラーズのデイリー推移予測・前作比較

SMILE 発売前 0.6万枚 0.9万枚 1.1万枚 1.3万枚 1.4万枚 1.6万枚 1.6万枚
SWEET 0.5万枚 1.4万枚 1.9万枚 2.2万枚 2.4万枚 2.6万枚 2.8万枚 2.9万枚

これがアイマスの未来を担うアイドルたちの本領だ。超フラゲにより変則的推移となった水曜デイリーは、なんと0.9万枚と、超フラゲ日の火曜前日から倍増した。この急上昇により、自身初のオリコンデイリー1位を獲得した。

超フラゲ週ということで変則的な推移となってるとはいえ、実質的な初日売り上げは前作の倍。その勢いはまさに前作とは別格であり、早ければ明日にも前作の初動を超えることが確実となっている。

『2ndライブチケット』効果が快挙をもたらす!

sani2

このような猛烈な勢いをもたらしているのは、5月に開催される2ndライブのチケット応募券であることは間違いないなさそうだ。アイドルマスターのチケットCDはいずれもすさまじい売り上げ効果をもたらすことで有名であり、シャニマスもそれは例外ではないからだ。前回の1stライブのチケット応募券が付属した2ndシングル「SE@SONAL WINTER」は、この恩恵を受け初動2.7万枚と自身最高売上となっていた。そのため、今回の売り上げは「SE@SONAL WINTER」に迫るものとなりそうだ。

3作連続1位は確実、オリコン週間1位の可能性も?!

18121901

現在、2位とは2倍以上の差がついているため、3作連続の週間1位獲得はほぼ確実となっている。4月のシングルでの4作連続1位に向けて、最高のスタートを切ったといえるだろう。それだけでなく、オリコンデイリー1位まで獲得したことで、シャニマス史上初のオリコン週間1位の可能性すら出てきたのだ。



ただ、オリコン週間1位への道は決して簡単な道のりではない。オリコンデイリー2位に、ジャニーズの新グループ、SixTONES vs Snow Manが0.6万枚で急接近しているからだ。ストスノは発売以降驚異的な粘りを見せており、先週のオリコン週間シングルランキングではジャニーズ新人史上初の返り咲き1位を達成した。今週もその粘りは全く衰えることがなく、このペースでは2週連続1位の可能性が極めて高い。シャニマスが1位を獲得するには、この猛追を耐えきることが絶対条件なのだ。

虹ヶ咲ユニット対決はA・ZU・NAが2連勝!

20021203

シングル週間1位はシャニマスに決したが、今週は2位以下も面白い対決が進行している。ラブライブ初の3枚同時リリースとなった虹ヶ咲のユニットシングルが、すさまじい接戦を繰り広げているからだ。

虹ヶ咲ユニットのデイリー推移予測

AZUNA 0.4万枚 0.6万枚 0.9万枚 1.1万枚 1.2万枚 1.3万枚 1.4万枚 1.51万枚
Diver 0.4万枚 0.6万枚 0.9万枚 1.0万枚 1.1万枚 1.3万枚 1.4万枚 1.50万枚
QU4RTZ 0.4万枚 0.6万枚 0.9万枚 1.0万枚 1.1万枚 1.3万枚 1.4万枚 1.48万枚

3ユニットともほぼ同じような推移となっているが、その中でもA・ZU・NAが2日連続でユニットトップをキープ。デイリー2位にまで浮上しており、ユニット対決は現時点ではA・ZU・NAが一歩リードしているといえる。だが、その差はごくわずかしかなく、簡単に順位が入れ替わるほどの差しかない。

そして、明日のデイリーで加算される配信分の売り上げが、この対決を大きく左右する可能性が出てきた。現在、iTunesランキングではDiverDivaがトップにつけており、現時点のCDランキングのみでの並びと完全に真逆という結果になっているからだ。そのため、明日のデイリーで一気に順位が入れ替わる可能性もある。どのユニットがトップになるかは、まだ全くわからないのだ。

関連記事