次世代を担うホープが躍動!

20021201

2020/02/18付のシングルランキングが発表され、シャイニーカラーズの「SWEET・STEP」が3作連続で週間1位を獲得した。

また、アルバムランキングでは、沼倉愛美が週間1位を獲得した。

【シングル】シャニマスが圧勝の3作連続週間1位!



シングルランキングでは、シャイニーカラーズの「SWEET・STEP」が3.0万枚を売り上げ週間1位を獲得。3rdシングル「Ambitious Eve」から、3作続けて週間1位を達成した。

日曜にまさかの集計ミス、悔しい結果も確かな成長を見せる

シャイニーカラーズのデイリー推移予測・前作比較

SMILE 発売前 0.6万枚 0.9万枚 1.1万枚 1.3万枚 1.4万枚 1.6万枚 1.6万枚
SWEET 0.5万枚 1.4万枚 1.9万枚 2.3万枚 2.6万枚 2.8万枚 2.9万枚 3.0万枚

アイマスが誇るナンバリングチケットの力はやはり最強だった。前作の2倍という驚異的な売上で、文句なしの最高初動を更新した。序盤から今までとはケタ違いの驚異的な推移を見せつけ、一時はオリコン週間1位すらあり得るかもしれないというすさまじい大躍進を見せた。

stsn

だがそれだけに、最後の日曜デイリーの結果は大きな悔いを残すことになった。土曜までは非常に好調な推移にもかかわらず、日曜デイリーで一部店舗の集計ミスで売り上げが欠落してしまい、突如として急落してしまったのだ。その集計ミスが大きく響き、ストスノに逆転を許し、目標としていた初動3万枚越えに、わずか100枚届かなかった。先ほど発表された月曜デイリーでは、月曜にもかかわらず日曜の売り上げの2倍を記録するという信じられない動きとなっている。本来日曜日の売り上げになるはずだった分が補填されたことは明白であり、集計ミスさえなければ初動3万枚を超えていたのだ。

それでも、最高初動での週間1位ということは素晴らしい結果であることに間違いはない。オリコンではストスノに敗れたが、ビルボードランキングでは見事に史上初のシングルセールス週間1位を獲得し、初のタイトル獲得も果たした。シャイニーカラーズは、早くも4月8日に6thシングルをリリースする。4作連続1位へ向け、次の挑戦は始まったばかりだ。

【デジタルシングル】LiSA、モンスト効果で衝撃の2万DL越え!

19070301

最早その勢いを止められるものはいない。デジタルシングルランキングでは、LiSAの「紅蓮華」が2.3万DLを売り上げ、前人未到の11週連続週間1位を達成。なんと先週から6000DLも増えるという、信じられない売り上げアップとなった。累計はこの時点で59.7万DLに達し、先ほど発表された月曜デイリーでついに60万ダウンロードの金字塔を打ち立てた。



モンストコラボ効果絶大!イベント中は高いセールスをキープか?



今週の売り上げ大幅アップは複数の条件が重なった結果ではあるが、その中で最も大きな要因となったのは、14日から開催されている『モンスターストライク』での『鬼滅の刃』コラボイベントだ。イベント開始からコラボCMが幾度となく放送され、そのたびに「紅蓮華」がお茶の間に流れた。一般人に何度も刷り込まれたことが、ダウンロード数急増につながったのは間違いないだろう。

イベントは、3月4日までの3週間に渡って開催される予定となっており、イベント終了までこの効果は継続する見込みとなっている。もはやその驚異的な勢いはしばらく止まることはなさそうだ。

【アルバム】ファイナルCDの沼倉愛美が有終の美を飾る!

numa
アルバムランキングでは、沼倉愛美の『みんなで!』が0.2万DLを売り上げ週間1位を獲得した。結婚を機にアーティスト活動から引退する沼倉愛美にとって、今回のアルバムは最初で最後のベストアルバム。その売り上げは強敵不在のラッキー的側面が非常に強いものとはいえ、最後のCDで見事に有終の美を飾った。

【今週のラブライブ!】虹ヶ咲ユニット対決は『配信』が結果を分ける!

20021202

虹ヶ咲ユニットのデイリー推移

AZUNA 0.4万枚 0.6万枚 1.1万枚 1.2万枚 1.3万枚 1.5万枚 1.5万枚 1.61万枚
Diver 0.4万枚 0.6万枚 1.1万枚 1.2万枚 1.3万枚 1.5万枚 1.5万枚 1.62万枚
QU4RTZ 0.4万枚 0.6万枚 1.1万枚 1.2万枚 1.3万枚 1.4万枚 1.5万枚 1.60万枚

今週、シングルランキングを盛り上げた虹ヶ咲ユニットシングルの3枚同時リリース。抜きつ抜かれつの接戦を制したのは、DiverDivaの「SUPER NOVA」だった。A・ZU・NA、QU4RTZも含め3作とも売り上げは1.6万枚。その差はわずか200枚差となっており、ほぼすべてのファンが3枚同時に勝ったのは間違いなさそうだ。

20021203

シングルランキングではDiverDivaが僅差でトップとなったが、実はCDと配信では結果が違うのだ。CDシングルランキングでは、A・ZU・NAの「Dream Land! Dream World!」がユニット対決を制しており、合算ランキングで逆転が発生しているのだ。その逆転を生んだのが、デイリー記事でも触れた配信の売り上げ。CDの売り上げの差を、配信の差が上回ったのだ。

20021204

ハイレベルな接戦で惜しくも3番手となったQU4RTZの「Sing&Smile!!」も、1.6万枚という数字は文句なしに立派であり、曲の評価は非常に高い。3ユニットともまだその差はごくわずかであり、来週以降も大きな順位変動が起こるかもしれない。ユニットシングルは、まだまだファンを盛り上げてくれそうだ。

来週の注目新譜はシンデレラガールズ!

20021901

2020/02/25付のシングルランキングで1位を狙うのは、アイドルマスターシンデレラガールズの「躍るFLAGSHIP」。2月上旬の新作は不本意な結果になってしまったが、今回は大盛況に終わった7th大阪ライブ直後のリリースと、ファンはホットな状態となっている。売り上げが近いライバルはかなり多いが、逆境をはねのけ7作ぶりの連続の週間1位となるか、デイリーの動向に注目だ。

関連記事