2019年度の総決算!!史上最強の超頂上決戦!

20032501

いよいよ明後日、μ'sの「A song for You! You? You!!」、Aimerの「春はゆく/marie」、そして麻天狼の『麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-』のフラゲ日を迎える。今週は、2019年度最後の決算週。すべてが年間1位経験者という最強のアーティストが、総決算の最強リリースを繰り出す。はたして、どれぐらいの売り上げを出すのだろうか・・・。

伝説再臨!ついにμ'sが4年ぶりシングルに帰ってくる!

finals

ついに、この日がやってきた。2010年代中盤のアニソンシーンの頂点に立ち、紅白歌合戦にまで進出した伝説のスクールアイドル、μ'sが4年ぶりにシングルをリリースするのだ。ラブライブという巨大なコンテンツの礎となった伝説が、再びランキングに君臨する。

時代の流れか、全盛期からは大幅ダウンが確実

cdless

しかし、かつては無敵を誇ったμ'sも、さすがに今となっては当時のような勢いを出す可能性は極めて低い。それもそのはず、当時はラブライブファンだけでなく、日本中がラブライブに夢中になる『社会現象』だったからだ。μ'sが一線を退いた後、多くのコンテンツが成長し、ファンも様々な場所へ分散していった。

社会現象は、日々移り変わっていくもの。現在、『ヒプノシスマイク』や『鬼滅の刃』が当時のμ'sダイフィーバーに近い社会現象となっており、かつてのμ'sと似たような圧倒的な売り上げを出し続けている。すでに一線を退いたμ'sは、当時のような社会現象級の数字を出す可能性は皆無なのである。

lovesere

だからといって、μ'sが終わったわけではない。『ラブライブ』のバトンを受け継いだ後輩のAqours、虹ヶ咲の活躍により、ラブライブは非常に巨大なコンテンツへ成長した。それがμ'sの人気をもつなぎ止め、今でもμ'sは高い人気を維持している。これは、移り変わりの激しいアニメコンテンツとしては極めて異例の現象なのだ。

気になる売り上げは、Aqoursの最新シングルが基準に?

19092501

では、社会現象ではなくなったが、ラブライブとして高い人気を保っているμ'sの最新シングルはどれぐらいの売り上げになるだろうか。その基準を導く材料は、後輩のAqoursの最新ナンバリングシングル「未体験HORIZON」だ。値段は違うにしろ、『ラブライブシリーズ』のアニメーションPVという点では同じ。Aqoursファンとμ'sファンは兼任している人が多いため、Aqoursの売り上げに近いものとなる可能性があるのだ。「未体験HORIZON」の初動は4.6万枚。CDだけだと4万枚だ。μ'sとしては前作から半分以下という結果ではあるが、この基準を超えることができれば、あまりにも十分すぎるのである。

一方、週間1位という点では、合算では前作6.7万枚を出したAimerにぶつかるため、残念ながら週間1位は絶望的。ただ、CDでは3万枚前後と極めて配信に偏っている売れ方なので、CDでAqours並みの売り上げを出せれば、まだ勝機はありそうだ。

前回はまさかの週間2位・・・リベンジの週間1位を狙う

19072402

これほど絶大な力を誇るミリオンライブのチケットCDだが、前回は信じられない屈辱を味わった。なんと同時発売だったRoseliaの「FIRE BIRD」にまさかの敗北を喫したのだ。CDシングルでは1万以上の大差をつける圧勝をしていたはずだったが、配信の売り上げでその大差を埋められ逆転負けしてしまったのだ。チケットにより極端にCDに偏るという弱点を突かれての悔しい敗北の記憶となっている。

そのため、今回は週間1位を取り戻すためのリベンジマッチとなる。今週、前回のミリオンライブを超える売り上げを出したライバルはいない。チケットの威信を取り戻すため、確実に勝利をものにしたいところだ。

2019年前半の絶対王者がチャートで大暴れ!

oricon

そして今週は、オリコンチャートを制した最強のアニソンたちが出陣する。どちらも週間1位が確実であり、初動5万枚を超える異次元の勢いとなりそうだ。

ついにLiSA連続1位ストップへ!Aimer前作の勢いを超えられるか

20032502

シングルランキングでは、2019年の上半期1位の特大ヒットとなったAimer×Fateの最強タッグが君臨する。前作「I beg you」は、年始の一般レベルが低い週に重なるという幸運もあり、自身初のオリコン週間1位を獲得した。ただ、それ以上に強かったのが配信だ。その初動はなんと5.7万DL。これは、アニソン配信としては、米津玄師に次ぐ歴代2位の圧倒的な初動記録だ。Fate人気は絶大であり、今回も前作に匹敵する売り上げになる可能性が高い。

19070301

これにより、現在デジタルシングルランキングで15週連続1位と絶対女王に君臨している、LiSA「紅蓮華」の連続1位がついにストップする見込みとなった。奇しくも、「紅蓮華」に敗れるまでは「I beg you」がデジタルシングル年間1位の座についていた。異次元の勢いとなっているLiSA相手に年間1位を奪い返すのはほぼ不可能ではあるが、無敵ともいえた絶対王者にようやく土をつけ、リベンジを果たすこととなりそうだ。

ライブ中止を乗り越え、6ヶ月連続リリースを最高の結果で〆られるか?

20032511

絶対王者の伝説がここに完成する。2019年10月から、毎月月末に圧倒的な力を見せつけた『ヒプノシスマイク』。その連続リリースがついに今月で完結するのだ。5作中3作がオリコン週間1位獲得という異次元すぎるその人気。その最後を〆るのは、2018年に繰り広げられたラップバトルトーナメントを制し、チャンピオンとなった麻天狼だ。

連続リリースの最後ということで、その初動は過去作とは比べ物に高くなることが予想される。さらに、ライブBDとの同時発売も重なっており、セット購入も非常に多くなりそうだ。この最高の勢いのまま、初のドームライブに繋げたかったのだが、その願いは未知のウイルスがもたらした災厄によって絶たれた。その弔い合戦として、ファンは購買運動を展開しており、今回の初動がどれだけ高くなるかは、もはや予測不能である。

【まとめ】当サイトの予想する売上

以上のことを踏まえ、当サイトはいずれのような推移を予想した。もちろん、状況によっては大きく変動も考えられる。はたして、どのような結末が待っているのだろうか。

μ'sのデイリー推移予測・前作比較

Aqours 1.8万枚 3.1万枚 3.6万枚 3.9万枚 4.2万枚 4.5万枚 4.6万枚
μ's 1.6万枚 2.7万枚 3.1万枚 3.5万枚 3.9万枚 4.1万枚 4.2万枚


Aimerのデイリー推移予測・前作比較

I beg you 2.2万枚 3.1万枚 3.6万枚 4.0万枚 4.7万枚 5.4万枚 6.8万枚
春はゆく 2.3万枚 3.3万枚 3.8万枚 4.2万枚 4.9万枚 5.6万枚 6.6万枚


ヒプノシスマイクのデイリー推移予測・前作比較

渋谷 2.6万枚 3.7万枚 4.2万枚 4.5万枚 4.4万枚 5.1万枚 5.6万枚
新宿 3.1万枚 4.2万枚 4.7万枚 5.1万枚 5.4万枚 5.6万枚 6.2万枚


関連記事