12年ぶりの凱旋へ!

20021908

2020/07/01付のシングルデイリーランキングが発表され、DREAMS COME TRUEの「YES AND NO/G」が0.5万枚をを売り上げ1位スタートとなった。12年ぶりのアニタイで、12年ぶりの週間1位に向け最高のスタートとなった。

ドリカム、12年ぶりのアニタイでデイリー1位!


トップクラスのアーティストはアニソンでも強かった。12年ぶりのアニタイとなったDREAMS COME TRUEが初日からロケットスタートを決めた。長いブランクもあってかさすがに12年前とは売り上げは違いすぎるものの、CDが売れない今でもこれだけ売れるのはさすが国民的アーティストといえるだろう。

タイトルからもわかる通り、今回は両A面シングル。『Gのレコンギスタ』タイアップの「G」は、今年2月に配信限定シングルとして先行配信されていた。CD版はドラマタイアップの「YES AND NO」が追加され、こちらがメインの扱いとなっているが、ドラマの放送はまだ先であり、事実上タイアップ効果があるのはアニメだけである。

12年ぶりの1位なら首位スパン史上最長記録!

dricome2008

DREAMS COME TRUEが12年前の2008年、週間1位を獲得した「またね」。『ONE PIECE エピソードオブチョッパープラス 冬に咲く、奇跡の桜』の主題歌として注目され、デイリーでも2位以下を圧倒。初動2.8万枚という圧倒的な初動で週間1位を手にしていた。
それ以降12年間、ドリカムはアニメタイアップがなく、実に12年ぶりのアニメタイアップとなった今回。またしてもデイリー1位スタートとなった。このまま週間1位となれば12年ぶりの週間1位。12年というスパンは、週間1位の獲得スパンとしては、史上最長記録となる。

首位狙うシンデレラガールズはまさかの2位スタート

20070101

一方、首位を狙っていた『アイドルマスター シンデレラガールズ』の「イケナイGO AHEAD」は、ドリカムの勢いに押されまさかの2位スタート。いきなり追いかける展開となった。今回は過去いずれも初動1万枚を超える好成績を残した『3chord』シリーズの第3弾。それだけに大きな期待があったのだが、結果的に初日は破れた。

とはいえ、過去の推移を考えると、明日のデイリー以降はシンデレラガールズが入れ替わる展開になるとみられている。2位との差もそこまであるとは考えにくく、明日のデイリーで首位を取れば逆転1位も見えてくる。首位争いは、まだまだ始まったばかりだ。

アルバムではポピパのV2が早くも決定!

20062411

一方、アルバムランキングには新譜が全く登場しなかったため、先週1位となったPoppin'Partyの『Breakthrough!』の2週連続1位が確定した。オリコンランキングでは悔しい思いをしたものの、アニソンでは敵はおらず圧倒的な推移となっている。2週目の粘りにも注目したいところだ。

関連記事