全員ソロデビュー、秒読み!

takatsu

先ほど、衝撃的なニュースが発表された。なんと国木田花丸役の高槻かなこが、ランティスからソロデビューすることが発表されたのだ。

まだまだ止まらないAqours声優ソロデビューラッシュ!

kanaso1

ファンにとっては待望の発表だった。本日19時、高槻かなこのYouTubeチャンネルで実施された緊急生放送で、1stシングル「Anti world」でソロデビューすることが発表された。

既に『BlooDye』でユニットデビューは果たしていた高槻だが、昨年秋にはソロライブも開催しており、ソロデビューは秒読み段階にあったが、ついにその瞬間が訪れることとなった。

あとはリーダーの伊波杏樹のみ!

Aqours声優・ソロデビュー略歴

メンバー発表リリースレコード会社
1 逢田梨香子 2019/03 2019/06 DMM.music
2 斉藤朱夏 2019/06 2019/08 SACRA
3 鈴木愛奈 2019/07 2020/01 ランティス
4 小林愛香 2019/10 2020/02 トイズファクトリー
5 諏訪ななか 2019/11 2020/05 日本コロムビア
6 降幡愛 2020/06 2020年秋 Purple One Star
7 高槻かなこ 2020/06 2020/10 ランティス

怒涛の勢いで続いたAqours声優のソロデビューラッシュ。今回の高槻かなこ7人目となり、もう残っているの伊波杏樹、小宮有紗の2人を残すのみとなった。小宮有紗はアニソンDJとしてソロデビューを済ませていることもあり、実質的にリーダーの伊波杏樹を残すのみとなった。

inaangentei

そして伊波杏樹も、ファンクラブ限定で0.5thと称したオリジナルCDを過去に発売しており、1stCDへの準備はいつでも万端だ。もはやいつ発表されるか、時間の問題となっている。Aqours声優全員がソロで活躍する日は、そう遠くない未来だろう。

Aqours声優ではランティス二人目!

20012211

高槻かなこのソロデビューの権利を勝ち取ったのは、なんとランティスだった。先日、降幡愛を獲得したバンダイナムコアーツは、ランティスではなく新レーベルでデビューさせたが、今回はそのままアニソンレーベルへの所属が決まった。ランティスは既に鈴木愛奈が所属しており、Aqours声優としては2人目となる。

ラブライブ声優の人気を享受したい各レコードの会社の戦略から、基本的にソロデビューはレーベルがバラバラになる傾向が多いが、過去にもポニーキャニオンが三森すずこ・久保ユリカを両方所属させるなど、全く被りがないわけではない。むしろAqoursのお膝元であるランティスが、さらに盤石さを増したのは言うまでもないだろう。

デビューからアニメタイアップ!いきなりOP映像も公開!



さらに、デビュー曲の「Anti world」は、『100万の命の上に俺は立っている』のオープニングテーマに決定。さらに、デビュー発表と同時にいきなりオープニング映像も公開されたのだ。同じバンダイナムコ系統の鈴木愛奈、降幡愛がいきなりフル尺のPVを公開したように、このフットワークの軽さはまさに強みといえるだろう。話題性作りが、一番効果的なのだ。

デビューは10月14日!気になる売り上げは?!

kanaso2

ソロデビューに関して、気になるのは売り上げだろう。コロナショックが直撃し本来の実力を出せない不運に見舞われた諏訪ななかを除き、5人が1万枚を超えるとてつもない成績を残している。小林愛香以来となるシングルデビューということで、タイアップアニメの人気次第ではいきなりの大爆発も予想される。

takatukarao

昨年カラオケバトル大会で準優勝するなど、Aqoursでも一二を争うほどの歌唱力を誇る高槻かなこ。その歌声がついにアニソンシーンに飛び込むこととなる。ソロデビュー日は10月14日、その売り上げに期待したい。

発売情報

タイトルAnti world
アーティスト高槻かなこ
発売日2020/10/14
レーベルランティス
限定盤アニメ盤通常盤
品番LACM-34023LACM-24024LACM-24023
価格3300円1300円1300円
特記事項 ・限定盤にはBD付属


【デイリー速報】夏アニメ一番乗り!Aimer圧倒的オリコン1位!

20090901

2020/07/05付のデジタルシングルデイリーランキングが発表され、Aimerの「SPARK-AGAIN」が0.8万DLを売り上げ、圧倒的なオリコンデイリー1位発進を決めた。これから続々とリリースされる夏アニメの主題歌では最初のリリースとなる今作が、いきなりオリコンの頂点の座をつかんだ。

昨年、第1期オープニングテーマ「インフェルノ」が大ヒットした『炎炎ノ消防隊』。トップクラスの人気を誇るAimerとのタッグで、今回も大ヒットが期待できそうだ。

関連記事