人気を証明!

20070101

2020/07/07付の週間シングルランキングが発表され、アイドルマスター シンデレラガールズが2作連続で週間1位を獲得した。

【シングル】これぞ逆転のアイマス!逆転で週間1位をつかむ!

シングルランキングでは、アイドルマスター シンデレラガールズの「イケナイGO AHEAD」が1.1万枚を売り上げ、2作連続で週間1位を獲得した。ここ最近安定感を欠き、週間1位から遠ざかっていたアイマスが、相次いで週間ランキングを制した。

初日まさかの2位も即座に逆転!安定の粘りが勝利を呼び込む

アイマス VS ドリカム 週間1位争い

日・週
ドリカム 0.5万枚 0.6万枚 0.7万枚 0.7万枚 0.7万枚 0.8万枚 1.0万枚
アイマス 0.4万枚 0.6万枚 0.8万枚 0.8万枚 0.9万枚 1.0万枚 1.1万枚

鮮やかな逆転劇だった。初日はドリカムに大きくリードを許す苦しい展開だったが、翌日の水曜デイリーで即座に逆転。その後はドリカムを完封しそのまま逃げ切って見せた。初日は低い代わりに2日目が強いアイマスならではの推移。まさに逆転のアイマスを嘲笑するような週間1位となった。

今回のシングルは、好評ののちに終えた7thツアーと連動した『3chord』シリーズの最後を飾る作品。CD単体では1万枚にわずかに届かなったが、デジタル分の加算により合算ではしっかりと1万を超えてきた。コロナショックにより次のライブが絶望的な状況の中で、しっかりと輝いたのだ。

【デジタルシングル】まだ首位は譲らない!LiSA逃げ切り95万DL突破!

19070301

ついに現れた対抗馬の存在で、一度は揺らぎかけた王座。それでもLiSAは強かった。Aimerの猛追を振り切り、1.2DLを売り上げで薄氷の勝利をつかんだ。Aimerとの差はわずか700DL。まさにギリギリでの勝利となり、これで二度目の14週連続週間1位となった。

20090901

一方で、王者を後一歩まで追い詰めたAimerの「SPARK-AGAIN」は、わずか700DL差で涙をのんだ。それでも、これまで誰も勝負にすらなからなかったLiSAをヒヤリとさせたのは事実。今年LiSAに唯一土をつけたAimerの強さは本物だ。

ついに95万DL突破!ミリオンに王手かける!

LiSA・95万突破までの軌跡

記録日付日数
2万DL突破2019/04/231日
3万DL突破2019/04/242日
4万DL突破2019/04/254日
5万DL突破2019/04/297日
6万DL突破2019/05/0210日
7万DL突破2019/05/0513日
8万DL突破2019/05/0917日
9万DL突破2019/05/1422日
10万DL突破2019/05/2129日
15万DL突破2019/07/0270日
20万DL突破2019/08/06105日
25万DL突破2019/09/17147日
30万DL突破2019/10/08169日
35万DL突破2019/11/19211日
40万DL突破2019/12/14236日
50万DL突破2020/01/14267日
60万DL突破2020/02/18302日
70万DL突破2020/03/20333日
75万DL突破2020/04/14358日
80万DL突破2020/05/02376日
90万DL突破2020/06/07412日
95万DL突破2020/07/07442日

90万突破からちょうど1ヶ月。ついにミリオンへの最後の関門である95万DLに到達した。わずか1ヶ月で10万DLを売り上げていたこれまでとはペースは大きく落ちてはいるものの、そのペースは驚異的であることに変わりはない。95万はおろか、もうすでに96万DL弱に達しており、残りはもう4万DLしかない。

もはやミリオン到達は時間の問題。そのXデーは、来月8月4日、もしくは11日のどちらかになる可能性が極めて高くなった。ミリオンへの1ヶ月のカウントダウンが、遂にスタートしたのだ。

【アルバム】ポピパが初の2週連続1位!

20062411

アルバムランキングでは、Poppin'Partyの『Breakthrough!』が、今週も0.3万枚を売り上げ、2週連続で週間1位を獲得した。今週は新譜が全くないというラッキーが状況だったこともあるが、2位以下を寄せ付けない圧勝。Poppin'Partyの週間連覇は、初の記録となっている。

【今週のラブライブ!】μ'sにボーダーライン迫る・・・奇跡は起こるのか

20032501

さすがのμ'sと言えど、15週目ともなると売り上げを維持するのは困難であり、圏外に落ちるボーダーラインとの差は、ついに30枚を切ってしまった。このままでは、Aqoursへの奇跡のバトン成功をかけた来週、再来週で残れるかどうかは五分五分な状況。少しでもボーダーラインが上がったり、μ'sが数字を落としてしまえば、ラブライブのバトンは、中継所目前で無念の繰り上げスタートとなってしまう。

はたして、奇跡は起こるのか。もはやファンにできることは、信じて待つことだけだ。

来週の注目新譜はお休みです。

gaku

2020/07/14付のランキングは、またしてもコロナショックにより有力な新譜がすべて延期されたため、新譜に注目新譜は全くない厳しい状況。新譜がないため、旧作が首位を争うことになる。注目されるのは、今週涙をのんだAimerのリベンジだろう。絶対女王のLiSAを下し、首位首位の入れ替わりは起こるのか、その点に期待したい。

関連記事