アニソン、大躍動!

20081101

2020/08/13付のデジタルデイリーランキングが発表され、坂本真綾の「躍動」が0.6万DLを売り上げ、2日連続でオリコンデイリー1位をキープした。

坂本真綾、米津との壮絶な首位攻防戦へ!

坂本真綾のデイリー推移予測・前作比較

日・週
逆光 発売前 2.3万枚 3.0万枚 3.4万枚 3.7万枚 4.0万枚
躍動 2.4万枚 2.9万枚 3.2万枚 3.4万枚 3.7万枚 3.8万枚

前作を超える初日となった坂本真綾だが、2日目は打って変わって大きく下がってしまった。ゲリラリリースだったことから初日に売り上げが集中し、やや粘り切れなかったようだ。これにより、前作の初動4万DLを超える可能性は低くなった。2作目は初日が前作より高くなっても2日目以降は伸びず結果的に初動が落ちてしまう、円熟期の作品によくありあがちな典型的パターンとなっている。

だがこのダウンにより、初のオリコン週間1位の可能性にやや曇りがかかってきた。それもそのはず、今週の米津から逃げきるには、少しでも隙を見せてはいけないからだ。

明日から『お盆効果』で米津急上昇・・・逃げ切れる条件は?

yoneyone

一方米津も、お盆休みの中休みともいえる平日により、3日連続でペースを下げている。いくら米津と言えど、仕事のある平日はそこまで伸びないからだ。しかし、明日からはお盆休み本番であり、ほとんどの一般人は日曜日まで4連休となり、ダウンロードが一気に伸びる。これをチャート界隈では『お盆効果』と呼ばれているが、その効果により明日のデイリーでは、再び休日の強力な粘りを見せる米津へと変貌するとみられている。

坂本真綾 VS 米津玄師 週間首位争い

日・週
米津 0.6万枚 1.0万枚 1.4万枚 2.0万枚 2.5万枚 3.2万枚 3.83万枚
坂本 発売前 2.4万枚 2.9万枚 3.2万枚 3.4万枚 3.7万枚 3.84万枚

現在、米津と坂本は1.5万DLの差がついている。普段の週であれば追いつかれる可能性は低いのだが、今週はお盆休み。明日から4日間は全て休日特有のハイペースとなり、なんと日曜日には追いついてしまう見込みだ。もし米津が予想通りに推移し、仮に坂本が予想を下回った場合、日曜日には確実に抜かれてしまうことになる。

そのため、オリコン週間1位を手にするためには、明日以降絶対に予測を下回ってはいけないことになる。週間1位はいばらの道。はたして、この戦いを制することはできるのだろうか。

CDは上位と下位で明暗分かれる!

GLAY急落も、首位を明け渡さず独走態勢!

20081201

一方、シングルランキングでは、GLAYの「G4・2020」が0.3万枚を売り上げ、2作連続で1位をキープした。GLAYのシングルはFC盤があるため初日に極めて寄りやすく、2日目は急落してしまう。今回も同様に前日の6分の1と大幅な急落となってしまったのだが、他のアニソンも伸びなかったため、そのあま1位をキープしたのだ。

これにより、2位以下は全く相手にならない圧勝の週間1位が確実のものとした。国民的アーティストの強さを大きく見せることができたようだ。

Argonavis、早くも最高初動を突破!

20081211

そしてアルバムランキングでも、Argonavisの『Starry Line』が0.1万枚を売り上げ、2日連続でオリコンデイリーTOP3をキープ。早くも0.6万枚に到達し、ARGONAVISとして最高初動が早くも確定した。

まさに大躍進となった。週間1位も決まり、ますます絶好調さを見せるArgonavis。彼らもまた、圧倒的人気を誇るバンドリのひとつなのだ。

関連記事