その人気、異次元!

20091601

2020/09/17付のシングルデイリーランキングは目を疑うような衝撃的な結果となった。なんと、ST☆RISH/QUARTET NIGHT/HE★VENSの「SUPER STAR/THIS IS…!/Genesis」が1.1万枚を売り上げ、昨日から枚数を挙げるという信じられない結果を出してきたのだ。

チャートファン騒然、うたプリ衝撃の『発売日』売り上げアップ

うたプリのデイリー推移予測・前作比較

WHITE 0.9万枚 1.3万枚 1.6万枚 1.7万枚 1.8万枚 1.8万枚 1.8万枚
SUPER 1.1万枚 2.2万枚 2.5万枚 2.8万枚 3.0万枚 3.1万枚 3.2万枚

その数字が出た瞬間、誰もがその目を疑った。ST☆RISH/QUARTET NIGHT/HE★VENSの「SUPER STAR/THIS IS…!/Genesis」の水曜デイリーは、なんと1.1万枚。昨日と同じ水準どころか、細かく見れば昨日からわずかに売上がアップするという、現在のチャートではまず考えられない異次元の推移を見せつけた。これにより、一瞬にして前作の初動を突破し初動2万枚をあっさりクリアした。

初日集中の現代ではありえない推移、初日大規模集計漏れか

20072201

CDが売れていた時代では、このフラゲ日より発売日の方が売れるというのは決して珍しくはなかった。むしろフラゲという概念はほぼなかった昔は、それが当たり前だったのだ。だが、今は違う。CDを買うなら予約が最優先され、その予約分すべてがフラゲ日に集計され、2日目以降の店頭買いはそれに及ばず大きく落とす。CDが売れなくなればなるほどその傾向は増しておき、初日の売り上げ比重は年を重ねるごとに上げていった。

そしてトドメといわんばかりに、コロナショックでそれは決定的なものとなった。この夏リリースされたAqours、バンドリなどの大物は、いずれも初動売上が初日の2倍に届かないという厳しい惨状に見舞われ、粘りという概念を失った。それが現代の『あたりまえ』、そのはずだったのだ。
純潔パラドックス
だが、今日うたプリが叩き出した推移は、その時代の流れを完全に逆らう、かつての『CDが売れていたころの推移』だった。オリコンデイリーTOP3内と確実に確認できる記録で、アニソンがフラゲ日より発売日の方が売れたのは、紅白出場ですさまじいライト人気を誇っていた水樹奈々が2011年にリリースした「純潔パラドックス」が最後である。紅白でライトファンが次々とついていた当時の水樹は、これが当たり前の推移だったのだ。

だが、その水樹奈々でさえ2012年以降はフラゲ日の売り上げの比重が増していき、いつしかこのような推移は過去のものとなっていった。もちろん売り上げが低い中堅~下辺層のアニソンではそれ以降も発売日の方が売れたと推定されるCDはいくつもあるのだが、トップクラスのアニソンでは初日寄りが当たり前。そんな時代に叩きだした9年ぶりの結果に、チャートファンがよろめき立つのは当然の結果なのである。

初日集中の現代ではありえない推移、初日大規模集計漏れか

animateutapuri

とはいえ、この結果は尋常ではないことは明らかであり、1万単位でこのような推移になることは通常の推移パターンでは説明することは不可能である。このような推移になった理由として考えられるのが、うたプリの売り上げの大多数を要するアニメイトの集計ミスだ。本来フラゲ日の売り上げとして計上される分が、何らかの理由で計上されず発売日に回されたというものだ。初日売り上げ1.1万枚は3種リリースと考えると異様に低かったため、数千枚単位の大規模集計漏れが理由である可能性がかなり高そうだ。

そのため、明日のデイリーはその分だけ急落し、大きくペースを落としてしまう可能性もある。初動3万枚に到達するかは、明日の推移が最も重要なものとなりそうだ。

3チャート全てでアニソンが躍動!

森口わずか2日で前作超え達成!初動3万越えは確実に!

20091611

森口博子のデイリー推移予測・前作比較

カバー1 1.4万枚 1.5万枚 1.8万枚 2.0万枚 2.2万枚 2.5万枚 2.5万枚
カバー2 2.0万枚 2.5万枚 2.8万枚 2.9万枚 3.2万枚 3.4万枚 3.6万枚

上記のうたプリでも説明したが、予約がすべての現代のCDは、予約期間が極めて長い森口にはかなり初日によることが予想されていた。予想通り森口は昨日の4分の1まで急落したが、意地を見せ予測をわずかに上回って見せた。これで累計は2.5万枚となり、わずか2日で前作越えを達成した。

これにより、初動売上は3万枚を超えることが確実となった。どこまで書道を伸ばせるかは明日以降の推移次第だが、人気の高いカバーアルバムということで粘る可能性は高そうだ。さらにデイリーでは前作『GUNDAM SONG COVERS』も復活し、まさに絶好調な推移となった。

アイマス強し!配信デイリーTOP3独占!

20093001

一方で新譜が登場したデジタルシングルランキングは、アイマスの独壇場となった。FIVE STARS!!!!!の「なんどでも笑おう」が0.7万DLを売り上げデイリー1位スタート。さらに2位にはCINDERELLA GIRLS!!の「Go Just Go!」、3位はノクチルの「あの花のように」がランクインし、なんとアイマスがデイリーTOP3独占を果たしたのだ。

20091604

1位2位となった曲はそれぞれ、アイマス15周年、デレステ5周年を記念するアニバーサリーソングであり、普段よりもファンが動きやすかったようだ。一方でCDでも好調な位置につけるノクチルは、なんとカップリングでこの位置まで持ってきた。先週リリースされた表題曲も含め3曲全てがランクインするという絶好調状態となっている。

1位となったFIVE STARS!!!!!は、このロケットスタートにより週間でも1位を獲得する可能性がかなり高くなった。CDでもすさまじい成績が期待される15周年記念ソングが、一足先に配信でも結果を残すこととなりそうだ。

関連記事