オリコンチャートは、LiSAチャートと化す!

20101401

もはや今週のオリコンランキングは、LiSAのランキングとなったと言っても過言ではないだろう。2020/10/15付のデイリーランキングも、3チャート全てでLiSAがオリコンデイリー1位となった。

初動10万待ったなし!異次元の粘りでLiSA首位独走!

LiSAのシングルデイリー推移予測・前作比較

unlast 0.1万枚 1.2万枚 2.1万枚 2.4万枚 2.7万枚 2.9万枚 3.2万枚 3.4万枚
0.8万枚 4.3万枚 6.2万枚 7.0万枚 8.3万枚 10万枚 11万枚 12万枚

2日目もLiSAの勢いは別次元だった。CDはさすがに半減を超える3分の1前後まで降下したものの、配信では、今日も1.9万DLという信じられない粘りを見せた。3日連続で2万前後をキープするのは一般含めても前代未聞のありえない推移。映画公開前にもかかわらず、累計はあっというまに6万枚に到達した。なんと現在の予測では、初動10万枚を余裕で越えてしまう恐るべきものとなっている。

もう一度言おう。まだ映画公開はされてない状態でこれである。毎日のように放送される映画の予告だけでここまでの効果が出ているのだ。このようなパターンは一般向けに大ヒットした映画でもまずお目にかかることはないものであり、あまりにも規格外の『鬼滅の刃』の社会現象の力は、もはや恐怖すら感じるほどのありえない動きを生み出した。

「紅蓮華」2位復帰でついに新旧ワンツーフィニッシュ!

19070301

さらにずっとオリコンデイリーTOP3をキープし続けている「紅蓮華」も驚異的な粘りを見せた。なんとオリコンデイリー2位に浮上し、ついにLiSAがオリコンデイリー1・2位独占を果たしたのだ。発売が1年以上ラグのある新旧ワンツーフィニッシュは前代未聞の大快挙。『鬼滅の刃』の持つ圧倒的な勢いを証明する形となった。

ライバル・スノーマンは大きく落とすもまだ油断はできない

SNOWMAN

LiSA VS Snow Man オリコン週間1位争い

日・週
Snow 1.1万枚 2.1万枚 2.6万枚 3.3万枚 4.1万枚 5.0万枚 6.0万枚
LiSA 発売前 2.7万枚 3.8万枚 4.3万枚 4.9万枚 5.7万枚 6.3万枚

一方、6冠に待ったをかける可能性のあるライバルのSnow Manの「KISSIN’ MY LIPS/Stories」は、水曜デイリーは0.5万枚と大きくペースを落とした。これにより、LiSAが逃げ切る可能性が高まったように見えるが、まだこれでも油断することはできない。SnowManファンは、ミリオンを目指して『追いキッシン』と称した購買運動を行っているからだ。

水曜デイリーは週間ランキングの結果が世間に大きく公表された翌日であるため、まだ運動の本命は反映されていない。オリコンの集計パターンを考えると、明日の木曜デイリー以降でその効果が一気に出てくると思われる。明日急激に売り上げを回復させれば、いくら好調のLiSAといえど危ういのだ。上位の推移は、その効果が最大級に出た場合の状況を想定したものとなっている。

いよいよ明日映画公開、さらなるブーストに期待!

lisa2020SX

ギリギリの接戦の中、いよいよ明日、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』が公開される。公開前でここまでの効果が出ているだけに、公開と同時にすさまじい効果が表れるのは確実。金曜日には、『ミュージックステーション』にLiSAも出演予定であり、映画公開効果と共にすさまじい効果が載ることは確実だ。

このような効果はほとんどが配信に流れやすいが、ジャニーズに勝利するにはCDへのブーストも必要不可欠。果たしてこの究極の戦いを制し、6冠を果たすことはできるのだろうか。そして明日の劇場版で、続編の情報は出るのか。明日は、鬼滅ファンにとって運命の日となりそうだ。

アルバムでも無敵のウイニングラン!

20101411

LiSAのアルバムデイリー推移予測・前作比較

Way 1.9万枚 2.8万枚 3.2万枚 3.5万枚 3.9万枚 4.2万枚 4.6万枚
NiNE 3.1万枚 4.2万枚 5.6万枚 5.1万枚 5.6万枚 6.0万枚 6.4万枚

一方、アルバム『LEO-NiNE』も1.2万枚を売り上げ、2日連続でオリコンデイリー1位をキープした。この週リリースされた他の新譜はもはやLiSAについていくことすらできておらず、まだ2日目にもかかわらず2位以下にトリプルスコアがつく完全独走態勢となった。

このままいけば、2位以下を全く相手にすることなく最後までオリコンデイリー1位をキープする可能性が出てきた。これまで、アニソンでパーフェクト1位を達成したのは『ヒプノシスマイク』しか存在せず、それに次ぐ2例目となるか。もはや初動をどこまで伸ばせるかのウイニングランである。

関連記事