もはや、誰にも止められない!

20101401

2020/12/1付の週間シングルランキングが発表され、LiSAが7作連続のオリコン週間1位を達成した。

【シングル】異次元の7連覇!LiSA全チャート売り上げ回復!



絶対女王はまさに無敵だった。配信での無敵さはもう語るまでもないが、合算ランキングでもCD発売を引っ提げた菅田将暉との激しい首位争いが繰り広げられた。その戦いを制したのはLiSA。3.7万枚を売り上げ、2週ぶりの週間1位に返り咲いた。

途中までは菅田がリード――勝負を制したのは週末の『映画』!

LiSA vs 菅田 合算週間1位争い

菅田 0.2万枚 1.2万枚 1.8万枚 2.2万枚 2.6万枚 3.1万枚 3.4万枚 3.6万枚
LiSA 0.8万枚 1.1万枚 1.6万枚 2.1万枚 2.4万枚 3.0万枚 3.6万枚 3.7万枚

実は、今回のLiSAの週間1位は決して安泰ではなかった。なんと、CDで予想以上の売り上げを見せた菅田が金曜デイリーまではわずかにリードしていたからだ。それでも、常に菅田とは距離を離されず追走し、そのまま週末の強さで一気に逆転することに成功した。

今週は『鬼滅の刃』の来場特典第2弾の配布が始まり、それにより先週をはるかに上回る観客が押し寄せていた。新たに映画を見にきた客たちが映画を見た後に「炎」を買ったことで、この大逆転劇をもたらしたのだ。

配信では無敵の7連覇!年間2位を決める!!

LiSAhonooe

そして配信は、もう誰にもその歩みを止められなくなった。途中K-POPの新譜リリースによりデイリー1位を明け渡す場面もあったが、いずれも1日しか続かず週間では全くの無風。アニソン史上初の7週連続オリコン週間1位を達成し、ついに累計売上は60万DLを突破。集計締め切りまであと2週を残し、オリコン年間2位ランクインが決定した。

もうその覇道を止められるものは消えた。あと2週の週間は年間へのウイニングランとなる。2週間後の年間発表までどこまで伸ばせるか、もうライバルは自らの記録しかないのだ。

【CDシングル】菅田届かなかったリベンジ・・・それでも意地のCD1位!

20112501


絶対女王の壁はあまりにも高すぎた。CD発売により売り上げは急上昇し、2週にわたって完敗を喫した配信のリベンジへと合算1位へ挑んだ。前作を大幅に超える好調な推移を見せ、『ミュージックステーション』の出演効果などで逃げ切りか、と思われたが、最後の最後で逆転負け。またしてもLiSAに勝てず2位に終わった。

頼みの綱だった『ミュージックステーション』がまさかの出演していないLiSA特集となり、Mステ出演のアドバンテージを失ったのはあまりにも痛く、合算では悔いが残る結果となった。それでも、CDではアニソンとしては過去最高の初動2.0万枚で週間1位をつかんだ。7週目相手とは言え、CDではなんとか一矢報いることはできたといえるだろう。

【アルバム】ZOOL大ヒット!アイナナ負け知らずの3作連続1位!

20112511

一方、アルバムランキングでは、ZOOLの『einsatZ』が1.9万枚を売り上げ、初の週間1位を獲得した。今年1月、シングルで大ヒットを果たし新たなアイナナファミリーとして受け入れられたZOOL。その勢いはコロナで途切れることはなく、見事にアルバムでの1位につなげた。

デイリーではまさかの2位スタートとなったが、その後は一度も抜かれることはなく終わってみればダブルスコアの圧勝となった。今週はアニメBDが1日遅れでリリースされており、セット購入のために初日は買われず、2日目に売り上げが集中した。これで『アイドリッシュセブン』は3作連続で週間1位と負け知らず。どの作品でも2万枚前後売れる、圧倒的な強さを証明する結果となった。

【今週のラブライブ!】最高のヒット!ついに4万の大台に到達!

20111801

虹ヶ咲にとって最高初動となった「Dream with You/Poppin' Up!/DIVE!」は、2週目も恐るべき勢いで売り上げを伸ばした。累計は4.2万枚となり、「無敵級*ビリーバー」を一瞬で抜き去り最高累計を更新した。

『3種リリース』の力はあまりにも絶大だった。普段とはあまりにも異なる圧倒的な推移が一瞬にして頂点まで駆け抜けた。これと同じパターンのシングルはあと2枚用意されている。このままTOP3独占はもう間違いないのかもしれない。

来週の注目新譜は虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会!

20120201

2020/12/08付のシングルランキングで首位を狙うのは、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の「サイコーハート/La Bella Patria/ツナガルコネクト」だ。上記の通り過去最大のヒットをもたらした最強の『3種リリース』で、さらなる記録更新を狙う。ライバルはさらに売り上げを加速させているLiSAであり、合算は激しい首位争いとなりそうだ。はたして、再び奇跡を起こすことはできるだろうか。

関連記事