再び、LiSAへの挑戦!

20120201

2020/12/2付のシングルデイリーランキングが発表され、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の「サイコーハート/La Bella Patria/ツナガルコネクト」が1.5万枚を売り上げ、2作連続の1位スタートを決めた。前回からは若干下がったが、それでも2位以下を全く相手にしない圧倒的なロケットスタートとなった。

虹ヶ咲V2へ!貫禄の初日1.5万枚!



やはり虹ヶ咲は強かった。衝撃の大ヒットとなった前作から2週間、第2弾となった「サイコーハート/La Bella Patria/ツナガルコネクト」も、初日1.5万枚というロケットスタートを決めた。2位以下にも強力なライバルが多数いる今週だが、この勢いの前にはどこ吹く風。CDランキングでは即座に週間1位を確定させた。

今週はNiziUのデビュー日として音楽界隈は話題となっているが、同じ「虹の名を冠する9人グループ」と共通点がある虹ヶ咲も、無事に同時オリコンTOP3ランクインを果たした。オリコンデイリーではギリギリ3位ではあるが、周りのレベルの考えれば大健闘なのは間違いないだろう。

第1弾には届かないペースも3万越えは確実!

虹ヶ咲のデイリー推移予測・前作比較

Dream 1.6万枚 2.5万枚 2.8万枚 3.0万枚 3.3万枚 3.4万枚 3.7万枚
ハート 1.8万枚 2.6万枚 2.9万枚 3.0万枚 3.3万枚 3.4万枚 3.7万枚

一方で、初日1.6万をきろくした前作と比べると1000枚ほど低いスタートとなった。売上施策はお渡し会と声優の人気が直結する内容となっており、圧倒的な人気を誇る楠木ともりがいる前作と比べると下がってしまうのは致し方ないだろう。逆に言えば1000枚しか下がらないというのは、そこまで極端なまでの人気格差がないことを意味しているのだ。

結果的に下がったとはいえその数字は別格であり、今回も初動3万越えは確実となっている。一方で、CD発売でフルが解禁されてから楽曲が再評価されている。声優人気だけではない部分で、明日以降もどれだけ粘るかが、今回の注目点と言えそうだ。

合算ではギリギリの戦い!カギを握るのは配信売り上げ!

20120201b

一方、LiSAの「炎」に挑む合算1位争いは現時点ではやや不利な状況だ。前作は3.7万枚を出したことで勝利したが、先週のLiSAの週間売り上げはそれをわずかに超えている。今週LiSAは『史上最速のストリーミング1億再生』『FNS歌謡祭出演』『ビルボード年間ランキング発表』と、売り上げが伸びる要素が今週も盛りだくさんである。前回でも3000枚差のギリギリの勝利だったことを考えれば、極めて厳しい戦いとなるのは間違いない。

20120201c
CDの売上だけではLiSAに勝つことは不可能である。勝負のカギを握るのは、明日の水曜デイリーで到着する配信の売上だ。天王寺璃奈の「ツナガルコネクト」は史上最速で視聴動画が100万再生を達成しているため、今回はかなり配信でも数字が出ることが予想されている。LiSAに勝つには、デジタル成分でかなりの加算があることが望ましい。はたして、どのような戦いになるだろうか。

LiSA、即座にオリコンデイリー1位返り咲き!

20101401

そして、2週連続合算1を目指すLiSAの「炎」は、デジタルシングルランキングで即座にオリコンデイリー1位に返り咲いた。昨日はCDTVの放送効果により初めて菅田に敗れたが、それでも効果が切れればLiSAに敵はいない。前人未到の8連覇へ向け、さらに枚数を重ねていきそうだ。

しかしまだ油断は禁物だ。現在iTunesランキングは、今週発売の新曲が上位を独占、「炎」は4位に後退しているのだ。明日は発売以来続いていた連続オリコンデイリーTOP3が途切れる可能性が高いが、明日の新譜にどれだけリードを保てるかが勝負の分かれ目となりそうだ。

関連記事