もう誰にも止められない!

21011311

2021/01/19付の週間シングルランキングが発表され、ヒプノシスマイクが5作目のオリコン週間1位を達成した。

【アルバム】これぞ絶対王者!ヒプマイ、アルバム完全制覇!



もはやキャラ名義で彼らに敵う者は存在しない。アルバムランキングでは、『ヒプノシスマイク』の『Straight Outta Rhyme Anima』が4.5万枚を売り上げ、CDに続き合算でもオリコン週間1位を獲得。半年以上リリースがないハンデなど完全に無視し、オリコンを完全制覇した。

デジタルアルバムでも最強!キャラ名義では敵なし!

ヒプノシスマイクのデイリー推移予測・前作比較

新宿 2.9万枚 4.2万枚 4.7万枚 5.0万枚 5.2万枚 5.4万枚 5.9万枚
アニメ 2.5万枚 3.2万枚 3.5万枚 3.8万枚 4.0万枚 4.1万枚 4.5万枚

CDランキングを完全制覇したヒプマイはデジタルアルバムでも強かった。週間ではデジタル分の売り上げが追加され、CDからなんと4000近くも伸ばしたのだ。敗れたSixTONESはCDしか発売しないジャニーズのためデジタル分はゼロ。そのため2位との差はCDからさらに広がり、まさに完全勝利となったのだ。

一方期待されたCDアルバム・DLアルバム・合算アルバムの3冠は、YOASOBIのデジタルアルバムが2週目も驚異的な売り上げを見せたため、DLアルバムだけは週間2位に終わり、結果的に2冠に終わった。とはいえアニソンで敵うものはおらず、結果的に合算では勝っているため圧倒的な1位となったのは間違いないだろう。

今回の快挙は別記事でまとめてある。その軌跡はそちらでご覧いただきたい。



【CDシングル】虹ヶ咲大金星!レコ大LiSAを完封し4連覇!

21011303

誰もが予想だにしなかった結果となった。CDシングルランキングでは、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の「Awakening Promise/夢がここからはじまるよ」が1.6万枚を売り上げ、4作連続週間1位を獲得。デイリーでは一度たりとも首位を明け渡さない完全勝利の1位となった。

驚くべきなのはその相手。なんとレコード大賞を獲得したLiSAを全く相手にせず完封してしまったのだ。後述するように決してLiSAが本来の力を出せていなかったことも多いが、前評判ではまず勝ち目のなかった相手を倒したというインパクトは絶大だ。

売上施策に頼らずとも売れる人気を証明!

虹ヶ咲のデイリー推移予測・前作比較

虹色 0.6万枚 0.9万枚 1.1万枚 1.3万枚 1.5万枚 1.7万枚 1.9万枚
夢が 0.6万枚 1.2万枚 1.4万枚 1.5万枚 1.6万枚 1.7万枚 2.0万枚

前作までの劇中歌3作は、3種リリース+オンライントークというきわめて強力な売上施策を実施し、4万枚を超えるすさまじい売り上げとなった。それがなくなった今回は大幅な売り上げダウンとなったが、それでもなんとOPの完全上位互換のような推移をたどった。

売上施策を一切行っていない今回は完全なる実力と言ってよく、それでこれだけの推移をできるということはそれだけ本当の人気がある証拠なのだ。週間1位を獲得できたのは運によるところも大きいが、逆に言えばこれだけ安定した強さを持っていたからこそ、不安定すぎて不調に終わったLiSAに打ち勝ったといえるかもしれない。

【DLシングル】ついに王座交代!YOASOBIが新女王に君臨!

21010606

涙を飲んだ先週をそのままひっくり返すような逆転劇だった。デジタルシングルランキングでは、先週LiSAにわずか600枚差で敗れ首位を逃したYOASOBIの「怪物」が、2.3万DLを売り上げ2週目で初の週間1位を獲得。実に13週にわたって続いたLiSAの長期政権についにピリオドを打ち、ついに王座交代を実現させたのだ。

まさに先週のリベンジ!週末に大逆転!

YOASOBI vs LiSA オリコン首位争い

日・週
LiSA 0.5万DL 0.8万DL 1.2万DL 1.4万DL 1.7万DL 1.9万DL 2.16万DL
YOASOBI 0.4万DL 0.7万DL 1.0万DL 1.3万DL 1.6万DL 1.9万DL 2.27万DL

一方でデイリー推移そのものは、先週とは真逆といえるLiSAが有利に進める展開が多かった。月曜リリースの配信シングルのため、7日間フルに使える旧譜のアドバンテージは通用しなかったからだ。それでも、日曜日のYOASOBI特集の余波からか、なんとオリコンデイリー4位で数字が見えなかった月曜デイリーを0.4万DLと予想よりはるかに高い数字を出していたのだ。

この0.4万という値が最後まで効く形となった。リードしていたとはいえ思ったように伸びなかったLiSAを金曜デイリー以降逆転し、そのまま持ち前の圧倒的な粘りで抜き去った。先週はLiSAにあと一歩届かず逆転できなかったが、2週目はしっかりと逆転。見事に先週のリベンジを果たし王座交代を実現させたのだ。

【合算シングル】LiSAまさか・・・王座陥落で見えた本当の強さとは

21011301

2020年の主役となったLiSA。2021年も圧倒的な強さを見せ「今週の主役となる」、はずだった。だがLiSAの新曲「dawn」はまさかの絶不調。CDでは虹ヶ咲に完封負けを喫し、さらに得意の配信でもYOASOBIにまさかの逆転負け。虹ヶ咲がCD、YOASOBIが配信に極端に偏ったいたため、結果的に合算では2.4万枚を売り上げ週間1位とはなったものの、当分の間は安泰と思われていた絶対女王の座から引きずり下されてしまった。

これがアニソン歌手の恐ろしさである。『鬼滅の刃』のような社会現象タイアップとはいかなくとも、『ソードアート・オンライン』などのトップクラスのタイアップでは高い売り上げを出す。だが、今回LiSAがタイアップした『バック・アロウ』は、まだ放送が始まったばかりのオリジナルアニメでは、ある程度じっくり人気の地固めをしてからリリースするのが鉄則だったのだ。

LiSAhonooe

だが、紅白効果の恩恵が消える前に一刻も早くリリースしたいという焦りがその判断を鈍らせてしまった。まだアニメの人気が高まる前にリリースしてしまったため、その売り上げは低迷してしまったのである。レコード大賞やオリコン年間1位をつかんだLiSAでもこうなってしまう、これがアニソン歌手の「もろさ」なのである。

20101401

LiSAの絶対政権は終わった。それでも、あまりにも早すぎるリリースが祟り最も低い売り上げとなったCDから、配信分である程度持ち直し合算2.4万を売ったのはLiSAの底力である。結果的に先週まで首位を守った「炎」もYOASOBIに敗れており、連続1位防衛失敗は、今週一気に躍進したYOASOBIが一歩上手なだけに過ぎないのだ。

一方「炎」も、週末のテレビ効果により力を取り戻し、週末は再びYOASOBIを逆転しオリコン1位の座に戻った。連続1位は止まったとはいえ、それで売り上げが終わったわけではないのだ。今後もYOASOBIとLiSAはしばらくの間、激しい首位争いを毎週繰り広げることにとなりそうだ。

【今週のラブライブ!】Aqoursがまたしても復活!

20082601

その高額さゆえにランクインと圏外を繰り返し、安定しない状態となっている「JIMO-AI Dash!」。先週は圏外に沈んだが、今週の後半になると突如としてデイリーに再ランクインし売り上げを回復。なんと「WINTER VACATION」を抜いてしまったのだ。



この急上昇の理由となったのは、『LOVELIVE! SUNSHINE!! UNIT LIVE ADVENTURE 2020 AZALEA First LOVELIVE! ~Amazing Travel DNA~ TRY AGAIN』の詳細情報の発表だ。高槻かなこの休養、コロナショックなど不安要素満載で開催されるかと不安視されていたが、それらを乗り越え何とか開催されることが発表されたのだ。ライブの応募はAqours CLUBで行うため、急いでCDを買った人が相次いだのである。

来週の注目新譜はRoselia!

21012001

2021/01/26付のシングルランキングで首位を狙うのは、Roseliaの「ZEAL of proud」だ。突然売り上げが伸びなくなり、厳しい結果が続いている『BanG Dream!』だが、エースのロゼリアまでもその魔の手に落ちてしまえばそのショックは計り知れない。バンドリの未来を占う瀬戸際の戦い、なんとしても首位を獲得し未来を守ることはできるだろうか。

関連記事