その人気、別格!

21012001

2021/01/20付のシングルデイリーランキングが発表され、Roseliaの「ZEAL of proud」が0.9万枚を売り上げ、1位スタートを決めた。

これぞロゼリア!不安を消し去る圧倒的スタート!

Roseliaのデイリー推移予測・前作比較

約束 1.2万枚 2.4万枚 2.7万枚 2.9万枚 3.1万枚 3.2万枚 3.7万枚
ZEAL 0.9万枚 1.5万枚 1.7万枚 1.8万枚 2.0万枚 2.1万枚 2.4万枚

去年の秋から始まったバンドリの急激な売上低下。Pastel*Palettes・Afterglow・ハロー、ハッピーワールド!と『非リアルバンド』の売り上げが大幅ダウンしたことを皮切りに、『リアルバンド』であるPoppin'Party・Morfonicaもその魔の手に沈んだ。コロナショックの時代とは言え、チケットを付けても1万しか売れないというのは相当衝撃的な事件だったといえるだろう。 このままでは、Roseliaも売れないのではないか…そんな絶望感が漂い始めていたが、その不安は一瞬にして消し飛んだ。0.9万枚を売り上げる変わらぬ強さを見せ、圧倒的な1位スタートを決めたのだ。もちろん、ロゼリアとしてはわずかに売り上げは下がってはいるのだが、大幅な売り上げ低下に陥った他のバンドとは明らかに違う結果である。

チケット恩恵は期待できず、CD初動2万の攻防へ

21010601

この結果により、初動だけでPoppin'Party・Morfonicaの累計を上回り、今年度のバンドリトップの売り上げとなることは確実となった。同じ条件と言えどやはりロゼリアは別格。悲観的状況から班とか脱出したといえるだろう。ただ、やはりチケットの効果はほとんどなく、その恩恵による粘りは期待できない。粘れるかどうかは自らの人気に掛かっているのだ。

現在の基準としては、CD単独で初動2万枚を超えることができるかどうかにかかっている。昨年のアルバムは初日2万枚を出しながら、粘ることができずに初動は初日の2倍を下回ってしまった。同じパターンとなれば初動2万に届かないため、粘って2万に届けるかどうかが勝負といえるだろう。

配信はYOASOBI時代へ!2日連続でLiSAに勝利!

21010606

今年の覇を握ったYOASOBIを止めるものはもういない。悲願の週間1位となったYOASOBIが、2日連続でオリコンデイリー1・2位を独占。「怪物」も0.2万DLを売り上げて2位となり、先週猛烈な勢いを見せていたLiSAを再び突き放した。差はわずかいえ、YOASOBIは今週さらに音楽番組への出演を控えており、LiSAから逃げ切る可能性は高い。

21012002

そしてこのYOASOBI体制をさらに強固なものとする切り札が控えている。オープニングの「怪物」に続いて担当しているエンディング「優しい彗星」が今日リリースされたのだ。もちろんiTunesランキングでは即座に1位となり、明日のデイリーでオリコン1位となることは間違いない状況だ。

全体の配信レベルが落ちている今週、「優しい彗星」が1位の有力候補であることは間違いないだろう。LiSAを倒し新たな王座になったYOASOBIが、しばらくの間はチャートの主役となっていきそうだ。

関連記事